は射精してくれました

弾むように波打ってる連続してペニスをたたき込み

でも人を外見だけで判断してはいけません。町田先生は教員としてもどうなのか、とその資質を疑ってしまう先生でした。やる気のない無気力な授業で、生徒は居眠りしたり私語をしたり、全然授業が成立していないのです。そのくせ放課後教員室で私を1対1で指導する時は妙に丁寧で時間が掛かり、なかなか帰らせてくれませんでした。それに私は嫌なのに体を伸ばして話されるので体臭が酷く、本当に鼻を摘まんでしまいたいような気分だったのです。だけど熱心な先生なんじゃない?俺の先生なんかスゲえアッサリしててえ、これでもういいの?って感じだったけどね。

亀頭部を中心に

その方がいいって。マジで勘弁して欲しいよ、あの先生。おかしいな?実習は大変だろうけど、先生の言う事をよく聞いて真面目にしなきゃ、って俺に説教したのは千寿ちゃんの方だけど。とにかくこの2週間は嫌な先生でも我慢しなきゃ。生になれないぞ。そうだね。いい成績貰わなきゃ先とても正ちゃんには言えないよね、あんな事町田先生の外見や体臭についても愚痴をこぼしてはいけませんが、彼には絶対言えない一番嫌だった事は、彼氏はいるのかと先生にプライベートについて聞かれた事。おまけに、いませんとウソを吐いたら、何と夕食を誘われてしまったのです。

 

オマンコがつながったまま

それも、まだまだ話したい事があるから付き合いなさい、と立場を利用した強引なものでした。もちろん体よく断り何とか逃げて来たんですけど、私の気分は最低で彼に愚痴をこぼしたくなるのも仕方がないと思います。な、何コレ…体が熱いよ正ちゃんと話しながら夜道を歩いている時でした。何だか妙なズキッと言う甘い感触を下腹部に覚えてしまった私は狼狽してしまいました。そして思わず彼にしなだれ掛かり腕を組もうとしたのですが、正ちゃんはなぜかそれを拒否します。
下半身がそうだった以上

風呂上がりで無味無臭だったペニスが

駄目だよ。どうして。生徒に見られてるかも知れない。そんな…考え過ぎだよ。千寿ちゃんカワイイからさ、男子の中じゃきっと評判だぜ。跡を付けてる。奴がいてもおかしくない。俺と付き合ってるなんてバレたら、一大スキャンダルになってまずいだろ。まさか。それなら正ちゃんだって。残念ながら俺はまるでモテないから大丈夫だ。千寿ちゃんはもっと自分を知って気を付けなきゃ。

調教した時の事を思い出させてくれた

俺は心配なんだよ。うん、わかった。いつもはひょうきんな正ちゃんが真剣に言ったので、私も素直にうなずき彼から離れました。彼との関係は誰にも知られてはいけないと、大学の先生にも注意されてましたし。自惚れだと言われそうですが、私の容姿は人並み以上だと思います。色白で黒髪ロングストレートヘアなので、よくお人形さんみたいだと言われますし、背も高い方で今着てる黒いスーツも似合ってると思います。それに比べて正ちゃんは男としては小柄だし、スーツがつんつるてんで場違いに見えてしまいました。

あん突き出た乳首をパクリとくわえ

お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て顔もお笑い系でモテそうにはありませんけど、面白いし優しいし、それでいて根は真面目で頼りがいのある、私にとっては最高の彼氏なんです。ああ…私のアソコがキュンキュンしてる!正ちゃんを欲しがってるのかしら?信じられない…さっき感じた下腹部の異常がますます膨らんで、そんなはしたない事が頭に浮かんだ私は赤面してしまいました。私はまだ正ちゃんに体を許していません。それどころか、実は男の人と経験した事すら一度もないんです。なのにどうして、アソコが彼を欲しがってる、なんて思ってしまったんでしょう~。何だか顔が赤いよ。トイレに行きたいんじゃないの?食事屋に着いた時そんな事を言われた私はますます真っ赤になって、逃げるようにトイレに向かいました。

そのままいざり寄り腰の上に彼女の尻をのせた目の前に男が陣取っている

屈辱と快感が混じり合って人妻を別の世界へ連れ去ろうとしている

横からリキの罵声を浴びながらというのも、樹の姿が映っている。立ち上がっている。何よりも、実は、何とも嫌な感じだった。目の前のモニタには、リキに気を遣っているのだろう。座っても大丈夫なはずなのに、今は、ローブは確かに緩むが、後ろ手ではめた手錠は外れはしない。時折、ヒクリと腰をうねらせるのは、挿入されたバイブが、樹のオンナを責め苛んでいる証拠だった。

  • 尻に当てがい
  • いきなり無骨な指先が挿入されたのだ
  • 射精をしたと行っても

男根がついてい手元のスイッチを触るのが見えた瞬間ベルトで固定してあるから、いくら腰を振っても抜け出る可能性はない。まだ、懸命に、感じまいと努力をしていたようだが、いくらも保たないだろう。一度感じ始めれば、オンナはまともに立っていられなくなる。オーガズムに襲われ、その度に、首の絞まる感覚が襲い、快楽と死の恐怖の狭間でのたうちまわるはずだった。ひょっとして、器用に、立ったまま逝くかな?接待奴隷なんだろ

 

チンポを握り締めてルンルン状態なので

しかし、家元はともかくとして、松本には、オンナの首が絞まるのを楽しんで見ている趣味はない。かといって、一度立たせた男根をそのままにしておく手はなかった。まあ、誰でも良いんだがちょっと考えたあとで、結局、昨日、何事かを言いかけて中断した、亜由美を呼び出した。ああ、だ、抱いてくれるのですか。部屋に現れた亜由美が、いきなりしなだれかかってきたのには驚くしかない。やはりこれまでとは態度がまるっきり違っている。
下半身から発生するものが多い
バイブを持ってきてぐちょぐちょになった彩子に押し込んだ
ネットリしたキスをせがんだ後で、自ら、着物を脱ぎ始める。つやつやしたボディに指を、っと、滑らせただけで、吐息に甘いものを混じらせてくる。すごいな。ああ、おっしゃらないで。すもの。だって、だって、昨日は途中だったし。あれから、誰も来ないんでそう。昨日は、いよいよこれから、と言うところで家元に呼び出されてしまった。

 

人妻が手もなく性

こういう、気まぐれな呼び出しは、良くあることだ。だから、松本の方は、出すだけ出したが、亜由美は取り残されてしまった。亜由美のオ0。コを使うだけ使った。オナニーのようなセックスだったのだ。もちろん、その時、亜由美は不満を口にしなかったが、やはり、ここに来て開発されたオンナが、疼くのだろうと、松本は一人ニヤつく。昨日、亜由美が言いかけねっとりとしなだれかかる亜由美に、女が色濃く出ている。

クンニリングスの次はいよいよ本番だから

たことが気になった。ところで、あん時、言いかけたことがあったみてーだが。ああ、あれ、はふ、なんでも、はふっ。ふと、松本が要求する前に、ジーンズを勝手に降ろした亜由美は、がっついた様子で男根にしゃぶリついている。これほど飢えた様子を見せられると、逆に、いじめたくなるのが、松本のクセ六--六。ふん、がっつくな。ほら、言って見ろ。ニヤニヤとしながら亜由美を亜由美の頭を抱えて、しゃぶっているモノを吐き出させると、覗き込む。あきらかに、亜由美は興奮した表情だ。ほら、言えって!

オナニーしはじめてる奴もいる

乳首を吸わせた

気を取り戻した美樹が頭を上げた。そして、再び頭を下げて、侵入したものを見る。いや、い。へっへっへ。さっきよりずっといいはずだぜ。やめて、やめてぇぇぇ。やっそんなもの、いやああ…。言いながら、美樹は腰を振っている。奥まで収まると、男はこねるように動かす。美樹は、ますます激しく腰を揺すっている。まだまだよくなるぜ。美樹さんよ。苦痛に耐えて唇を噛み締めているうちに子宮が熱を帯び

乳首が硬く勃起していやらしく天を向き

ぴっちりとしまった唇で亀頭を扱きながら奥まで入れた瞬間男が、突起部分をクリトリスに当たるようにして、スイッチを入れる。いやつーいやぁああ男は巧みに動かしながら、美樹の官能を刺激する。そして、スイッチを最大限まで回した。だめ、だめええぇぇ。ブウ~ンブゥ~。ぬちゃぬちや。淫靡な音が部屋を支配していた。いや、いやまたイッちゃうーし男がスイッチを止めて、美樹に聞く。
尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

森山さんのフェラのテクはすさまじく俺はすぐに我慢できなくなってしまい

肉棒が引き抜かれます
あの男の名前は?ふ、古川。今度は正直だな。左ー直パ11古川慎一!ー男は、ニヤリと卑猥な笑みを見せた。男は再びスイッチを入れると、手を離した。美樹を犯しているどす黒いものは離れなかった。美樹の秘部が、しっかり咥え込んでいるのだ。美樹が腰を振るたび、突起が敏感な部分に当たる。そんなに気持ちいいのか?

クリトリスを剥かれ

あゆみは刺激的になったクリトリスと膣の快感をダブルで感じ
いいの、いいの。どこがいいんだ?ーすごく太いの。言わないと、またスイッチ切るぞ!ああ···おまんこ、おまんこ。誰のおまんこだ?ああ美樹の美樹のおまんこ。美樹のおまんこが気持ちいいのか?そうよ···美樹のおまんこ、気持ちいいのぉ!クリはどうだ?クリも美樹のクリもすごくいいの。

尻の穴を刺激すると

若い男のチンポ汁が欲しくて
そんなにいいなら、イッてもいいぞ。美樹、イッちゃうーガクンガクンガクン。美樹は、その美しい顔をもはや我慢できない快楽にゆがませ身体全体を不自然に硬直させて、再び昇りつめた。美人捜査官の絶叫バイブレーターは、そのまま動いており美樹の痙攣は、しばらく収まることはなかった。痙攣が収まったかと思うと、また腰を振り出した。誰か、誰かスイッチ止めて。ああイク、イク、イク。いやああ·いや、いやつー抜いて。あぁあいいいいまた、また。

恐怖の去らないまま責め続けられるこお尻にたらすところがなくなると

ぅぁああ。だめよ、だめよ…。イク、イク。すごいー気持ちいいああまた。いやいやよまたイクああ。ああおまんこ美樹のおまんこいいい。狂っちゃう美樹のおまんこ、狂っちゃう。はぁ…。はぁぁイクイク。あっ、あっ、あんあんああぁああ。美樹は、もはや腰の動きを止めることはなかった。何度も何度も昇りつめ、身体を硬直させた。美しい顔は悦楽に支配され、髪を振り乱しロからよだれを垂らし続けた。白い首筋や深い乳房の谷間は、大量に汗ばみバイブレーターを咥え込んで離さない肉壷からは、おびただしい愛液が溢れ出し、むっちりした太ももふくよかなふくらはぎは、べっとり濡れている。

セックスに目ざめた奥さんだったら

勃起したペニスは湯の表面から飛び出している

むしろ、結婚以来、邪魔する者のない週末は毎週、激しくしてしまうほどだったのだ。それが、つわりが始まって以来、ピタリと無くなった。女というのは、妊娠すると、どうしたことか、時々、性欲がひどく強くなる場合がある。かながまさにその一人だった。おまけに、特に安定期に入ると、身体は敏感になるし、つわりの苦しさもなくなるから、実はセックスしたくなる女性も増えてくるのだ。香奈も、ご多分に漏れず、その口だ。夫が欲しくて仕方がないのだがつわりの時期を超え、お腹の大きな香奈を見て、夫はすっかり性欲を無くしてしまった。
乳首の先っぽを脱脂綿で拭っていた

白い尻がうねる動きまで見せ始めるのです

魅力的なオッパイだって、こんなに大きくなったのに、さかいえないが、セックスのことだけは、少しどころか、奈なのだ。と優しい夫にま大いに不満な香その香奈の股間を、男の指が、もぞもぞとうごめいているのだ。ああ、あなたが構ってくれないからいけないのよ、あん、感じちゃう。う、そんな場合じゃないのにぃ。もさすがに、指が侵入することはないが、頻りに、大陰唇をかき分け動いているらしく、クリトリスに偶然指が当たると。という仔犬のような声が我慢できない。指先だけの動きなのに、背中がゾクゾクして、うな、思わぬ快感が湧き出していた。

 

射精には十五点が加算される


挿入したローターも抜いてやらず

腰から溶け出してくるよ香奈は、息を詰めて両手で口を押さえている。反応を見せないようにと、もはやムダとも言える努力をしながらも懸命だったのだ。しかし、抵抗も空しく、いつしか、両手に力が入らなくなっている。あん、あう、あう、あん、あん、あん。両手は、いつのまにか豊かに膨らんだ胸を覆い隠すように、うごめいている。見ようによっては自ら揉んでいるいるようにも見えるだろう。
下着の替えを持って歩いているはずもなかった

オマンコとお尻の穴が気持ちいいって言うんだ膝を開きすぎたら恥ずかしいという気持ちが、いつのまにか吹き飛んで桜木の指を求めるかのように広がりきってしまう。あううう。はっきりとした淫声が何度ももれてしまったその時に、抜かれた。ああう、あ、え?ふっとその指が一瞬、もっと、と言いそうになってしまった自分に、香奈は、真っ赤になる。指が外されて、初めて、自分がこれからケ。サするのだと、思い出せたのだ。さ、準備ができました。オシッコをしてください。桜木の手が、股間に差し出されていた。
調教させるつもりなのだろうと
調教させるつもりなのだろうと

マンコの穴が……き

フェラをさせられた主婦はなんと言わされていたんだっけ今、採尿器をこちらに当てています。シッコを、さあ、早く。あの、でも、かかって。このまま、ほんの少しで良いからオ採尿気というのは、このコップのことだろう。どうみても、100均で、売っているプラカップに見えるが、そんなことを考えている余裕はない。このまま、オシッコしたら、かかっちゃう。第一、こんな風に見られた。人前でオシッコするなんて、恥ずかしいコトなんて、できない、と香奈は思った。
アナル舐めとフェラを始める

膣の奥深くに

しかし、桜木は、平然としている。大丈夫です。私たちは仕事ですから。それに、ここは寒いですから、あまリここにいるのはお腹に良くないです。早くしてください。お腹に良くないと言われれば、それは最大の弱み。いが、人前でオシッコをするなんて初めてだ。でも、病院の人だもの、検査するんだから。ハイと肯いたのは良神妙な顔で、自分の股間を見つめている桜木をみて、香奈は、なぜかいっそう恥ずかしくなる。

膣穴にローショ

ペニスが口から抜けて芙蓉子の鼻先をかすめながら

いまだに女子高生に見えてしまう幼げな童顔の眉が

今年もホームラン王か、打点王の候補と見られている四番打者のパワーを、た。て続けに六発もぶちこまれては、吉井さやかでなくてもおかしくなってしまう。ところが、今里の肉棒を眼のあたりにすると、三奈のほうが昂奮してしまった。八寸胴返し…若い血を溜めて、隆と反ったペニス。こんな逸品にメッタ突きにされて、さやかのように、スウーンさせられたいと思う。

幸治は霧子の股間に差し入れた手を動かして

三十六歳の女の分別が、今里くんに必要なのは、やさしさとテクニックよ。と、三奈は言った。ぼくはやさしいつもりですけど。セックスは、自分が満足するだけでは半人前。相手を満足させるのが、自分の満足になって一人前ね。で、どうすればいいんですか?そうね。この武器を使わないで、あたしにエクスタシーを感じさせてほしいの。

 

オナニーを覚えた猿も同然

三奈は大粒のダイヤの指輪が光る指を、今里の八寸胴返しに添えた。とたんに、びくんとした。辛うじてメロメロになるのを抑えてくれた。毛細血管のすみずみまで、若い血を吸い上げた陽根。熟女の三奈は、こんな逸品にふれただけで、激しいうずきを感じる。しかし、ここで女体の弱味を見せては、カウンセリングにならない。
子宮が震えて

アソコはお洩らしでもしてしまったのかと言うくらいグショグショに潤っていて

オーガズムは、生理現象としてはクシャミに似てるの。と、三奈は言った。クシャミ?そうよ。今里くん、クシャミをする前を考えて。鼻がむずむずします。むずむずから始まって、身体の緊張感が高まって、最後にハクションと爆発する。なんか、わかるような気がします。むずむず、ううッと緊張するのが大事なんだ。女の肉体にとっては、そのプロセスがとくに大事。さやかさんが治ったら、またセックスするでしょ。

オナニーを始めちゃうもんだから

そのときは、最低三十分は挿入をこらえてサービスしなさい。三十分あれば、ぼくは二回は満足できるな。それでは、ダメよ。自分が満足する前に…。わかりました。やってみます。今里は三奈夫人を、ひょいと抱きあげた。豊満な三奈の身体は、五十五キロぐらいの体重があるが、今里は軽がるとベッドに運ぶ。きれいな肌だ。すごく色っぽいです。今里は、感激しながら、丁寧に三奈の着ているものを脱がして行く。これなら大丈夫だわ。三奈は睫毛をあわせ、身体を今里に委ねる。全裸にされたのがわかる。

淫乱な女子高生だけあって覚えが早い

今度はおまえがおいしいマン汁をご馳走してくれれ麗は泣きだしそうな顔をした恥毛を今里が、さわさわとなでている。三奈のヘアをなでている、今里の手がとまった。どうやら今里も、生まれたままの姿になったらしい。これから、どうしたらいいんですか?とまどった、今里の声が聞こえた。今里くんの考えたとおりにやってごらんなさい。まだインサートはダメですね?そんなのダメよ。

金属棒がお尻を突き上げてきますので

拘束を解き始めると

で天使牧場売上ベストファイブに入ったうちの四人の娘たちだった。娘たちはすでに二日前に旅立ち、コンクールの。の香港旅行を楽しんでいる。旅行はベストファイブ五名で行っているが、うちひとりは組織からの仕込みである。残る四人の帰りのチケットは既にキャンセルされ、替わりに香港当局が発行したパスポート名によるドバイ行き航空券が、香港在住の男によって用意されている筈だ。この娘たちに米倉が現地で接触するのかどうかさえ米倉は知らないし、恭子という娘のように何人かを連れて帰ってくるのか、それとも全員お土産として引き渡すのかも不明だ。股間を締め上げ

チンポを入れてもらって悦んでるんだろ

膣口も大きく開き美樹のことは、さすがに判断のしようもなかった。ここ数年、実質的には美樹は三田村の奴隷であり、米倉の奴隷である加奈を責める時のむしろ責め手のパートナーといった関係で、加奈を売ってこいと言われるよりはマシな決断の筈だった。三億という金、あって邪魔にはならんぞ。三田村の言葉にもまだ何の実感も伴ってこない。美樹と加奈の先に立ち、手荷物検査のゲートをくぐる寸前にもう一度振り向くと。先生いー、絶対、絶対帰ってきてね。先生大好き。
尻を受け取ります

そしてその真ん中にある乳首をキュッとつまむ

オナニーまでしてしまった身では
左手で大粒の涙乃里子がまっすぐに米倉を見て、をぬぐっていた。右手を大きく振って、沙織が驚いたように娘の顔を見ている。駆け寄って、黒いセーターの下にはずむ乳房を強く揉み立てて、その後きつく抱き締めてやりたいという衝動が米倉をよぎった。しかし、米倉は傍らの美樹と加奈を見て軽くうなずくと。行くか。そう言って、見送る女たちに再び背を向けて、でゲートへと入って行った。

この好色淫乱どスケベ女子高生が

秘肉とペニスがこすれ
いつもと変わらぬ足取り欲情。ごめんね、遅くなっちゃつた。さっきまで最悪の気分で、人を待たせてるのに足取りの重かった私です。が、現金なもので街頭に浮かぶ彼氏の顔を見たら嬉しくなり、足早に駆け寄って行きました。私男千寿は大学4年生。彼田岡正一君も同じ大学で今日から一緒に母校で教育実習を受けに来てるのです。正一君と私は小学校時代から同級生の幼なじみで、高校の時にコクられてお付き合いを始めました。

股間に彼の顔を押し付ける者まで居誰からともなく

尻の下で身もだえしながら
ずっと同じ学校で教育実習まで一緒だなんてウソみたいですけど二人とも真剣に学校の先生を目指しています。彼は数学、私は生物が専門ですが、夢が叶ったらいいね、そしたら結婚しようか、と話しています。もう彼からはプロポーズされて私もオッケーしてるので、正式ではありませんがフィアンセみたいなものでした。先生に残されたの?そうなの。マジで最低、あの先生。千寿ちゃんがそんな事言うなんて、よっぽど酷いんだね、あの先生。せっかく正ちゃんとゴハン食べる約束してたのに、しっこくって。

下着姿を晒す悪女医が豊満ボディで貢に肉迫した

気を許してる彼の前で、私はつい汚い言葉で先生を非難してしまいました。人の悪口を言うのは好きじゃないんですけど、実習の担当になった町田先生には初日でもうウンザリだったのです。この春転校して来られたそうですが、身長170センチくらいの私より頭一つは背が低くとても太っています。後頭部はハゲ掛かってるしボタボタ汗を垂らしていて、女子からはキモイとか陰口を叩かれて嫌われてると、仲良くなった生徒から聞かされてしまいました。だけど何と言つても嫌だったのは物凄くキツイ体臭をされている事で、近寄ると生ゴミみたいな悪臭が鼻に付いて本当に吐き気を催してしまうくらいだったのです。

尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

ピストン運動に不慣れなその初々しい腰の動きが

岩井は局長室に足を運んだ。決済機関のあることは結構だが、決済行為を事業執行に支障のないようにスムーズにしていただきたいと申し入れた。それは私もおなじ思いなんです。岩井さんたちにご迷惑のかからないようにしようとしてるんですが、これはどうなんだ、あれはどうなんだという声が出て、それで時間がかかってね。事業の計画、遂行には認識を共有することが大切で、それをおろそかにすると色んなところで齟齬をきたすことになるわけで、それはご理解いただけるかと思います。なるべく岩井さんのご希望に添うようにしますよ。伊知地は持ち前のおだやかな口調で言った。ところが決済機関は技術系の苛立ちをせせら笑うように決済に時間をかけた。
チンポをくわえ込ん俺はマナミが

お尻の中に完全に見えなくなるまで押し込んでいきますよ

伊知地は局長の権限を技術系に見せつけた。業者は水道局に働きかけても埒があかないため市会議員の尼勝や都井に泣きついた。素人の局長に好き放題させて何をしている。ビシッと言うてそれで聞かなんだら、わしが市長に話してもええ。ただなあ、そうなると水道局で内紛が生じているように取られて、局長もあんたもマイナスになる。この世界はあんたも知っての通り喧嘩両成敗で人事しよるからな。と尼勝は岩井の尻をたたいた。尼勝にすれば業者を困らせる水道局長はもってのほかだっその伊知地をコントロールできるかどうかに岩井の評価がかかっていることを、尼勝は言外に匂わせた。

 

フィストファックは経験することができませんで光輝は私のおケツから指を抜き


舌の先で女のクリトリスを触る女がよがる

伊知地をどのように説き伏せればいいのかと思い悩んでいた岩井の携帯に、OBの平良から海野亜希子のことで連絡が入った。亜希子の窮状は渡りに船だ。亜希子は伊知地の紳士ヅラの裏にある金銭欲と身勝手さに嫌気がさしていた。伊知地は亜希子と週に一度ラブホテルを利用していたが、ホテル代を亜希子に払わさせていた。係長級にして相応の収入を得るようにしてあるのでホテル代の支払いぐらいはなんでもないだろうというのがその理屈であった。亜希子は岩井に水道局発行の広報誌。ウォーターライン。
両脚を持ちあげて股間を大きくひろげた

大陰唇はぷっくらと膨らんでの制作会社と伊知地との癒着を告げた。伊知地の横槍で事業執行が思うようにならず、立場が悪くなっている岩井への恩返しのつもりであった。制作会社のR企画は都市整備局時代から伊知地と付き合いがあり、その関係は水道局長となってもつづいた。水道局としてもPR誌を出すことに決め、業者を形ばかり公募したが、実際はR企画を採用するためのカムフラージュであった。実績重視で評価し、すんなりとR企画に落ち着いた。半年に一度、R企画が製作し、町内会の回覧板や役所の窓口に置いてもらった。
処女ですか
処女ですか

下半身は黙っていないのである

股間に伸び反響はほとんどなかったが、PR好きの伊知地局長の行政センスとして職員は見ていた。そのR企画が伊知地の財布になっていた。製作費用として年間五千万円を支出しているが、実際は三千万円ほどしかかかっていない。R企画は水道局に水増しの費用を示し、伊知地はそれを承認していた。水増しで得た利益をR企画は伊知地と分けていた。伊知地が直接。企画からキックバックを得ていたのではなく、馴染みのクラブのツケをR企画に払わさせていた。
朝まで調教大学やフラワーアレンジメント

オマンコしてぇ

露見したところで伊知地は言い逃れしやすいような遊び方をしていた。クラブのホステスとタクシーでラブホテルにしけ込む、そのタクシー代、ホテル代もホステスらに肩代わりさせた。店やホステスにしてもツケにしてもらったほうが水増し請求しやすいことから、むしろ伊知地に払わさせないようにした。ホステスとの行為も亜希子と似たり寄ったり、おとなしいものだった。伊知地は挿入感覚そのものよりも女性の肌を愛で、愛撫することを愉しみとしていた。

それはずむずむと容易に膣奥まで侵略する

大量のザーメンはまだ口の中にためたままだっそれから

挿入もされていないのに

アタシ、ションベソしたくなったよ。ラ、口を開けな!ちょうどいい肉便器があるな。オを向き大きく開けた私の口の中に、スカートをめくりショーツをずらして上から腰を下ろした舞華はドボドボと小水を流し込んで来ました。早くしないと顔や制服がオシッコまみれになってしまうので、私はゴクゴクと喉を鳴らして苦くて酸っぱい液体をどんどん飲むよりありませんでした。すみません、トイレに行ってて遅れました。しゃあしゃあとそんな言い訳を口にした舞華を先頭に、私達が数学の授業に遅刻して入ると、みんなの視線が一斉に集中し、誰もそんな格好はしていない超ミニスカの私は、物凄くドキドキして脚がワナワナと慄えすくんでしまいそうでした。早く席に着きなさい。数学の若い男の先生は特に私たちを咎めるでもなくそう言いましたが眼鏡の奥の目が私に熱い視線を送っているのがわかってしまい、私はます。

  • 僕は調教のタイミングを待っていた
  • 真子の唇が肉棒を包みこむ
  • ペニスの海綿体の損傷が激しく

子宮から一気に足首を掴んでいる指先まで及びます興奮して自分の席まで歩く時、フワフワとした雲の上を歩くような奇妙な感覚に囚われました。きっと女の先生なら注意して私にスカートを上げるように言ったでしょう。クラスの女の子たちも私を見ていますが、みんなこれが舞華たちのイジメだとわかっているのです。席に着くとすぐ、私は教科書とノートを取り出して授業に集中しようとしましたが、出来るわけがありません。女の子のはしたない3つの尖りが恐ろしく膨らんでズキズキと疼いているんですから。オナニーはまだ続いています

 

オマンコ濡らしてるのは

教科書を開き、ノートを取るフリをしていても、私ははあとやる瀬ないため息をつき、視線の定まらないウルウルの瞳でぼんやりと中空を眺めていました。もちろん授業など上の空です。い、嫌だ…ああ、た、たまらないい!昨夜から沢山してしまったオナニーをしたい、と体を突き上げて来る欲情に負けた私は本心からそう思ってしまいます。でもここはみんな静かに勉強している進学校の授業中です。一体どうすればいいのでしょうか。まさかここで指を使うわけにはいきません。我慢出来なくなった私は机に突っ伏しました。
さらに鼻先でクリトリスをこねて刺激してくる
肉棒を口に含んださやかの肩に
ああ、いいっノーブラの乳房を机に押し当てると、物凄く気持ち良くなってしまいました。私の席は前から3番目のほぼ中央で、舞華たちは皆それより後ろですから私のはしたない反応を観察して楽しんでいるに違いありません。先生や他の子たちの視線もとても気になりますが、一度味わってしまった快感はトロけるような心地良さで、もうやめられません。私は優等生にはあるまじき居眠りするような格好ではしたない快感を追い求めていました。でももう1箇所のもっと強烈に疼く部分はどうしようもありません。

 

巨大なペニスと違って

私は授業中にまさかこんなことを自分がしてしまうとは信じられないと思いながら、超ミニスカの中に手を入れてしまいました。ところが舞華のはかせて来た。貞操帯。が邪魔になって、火を噴きそうにズキズキ疼いている。部分には手を触れることが出来ないのです。私はもうここが授業中の教室であることなど頭から消え、必死で丈夫な黒革字帯の股当て部分を押したり叩いたりしましたが、わずかな刺激しか得られず泣きたくなりました。でもそのわずかな刺激に集中して、ひどい欲情を我慢しようと覚悟したその時でした。それでは山崎さん。何と先生に当てられてしまいました。

圭介はあやうくジャージの内側で射精しそうになった

隣の子が、当たったよ山崎さんと机に伏せていた私を起こし、当たった所を教えてくれました。その問題を黒板まで出て解かないといけないようです。当たったのは私だけでなく他の子たちはどんどん前に出て答を書き始めています。私も慌てて黒板に向かうよりありませんでした。いざ黒板の前の一段高い教壇に立つと、みんなの視線が嫌らしい超ミニのお尻と大胆に露出した脚に集中するような気がして、私は穴があったら入りたいような羞恥を覚え脚がガクガクと慄えました。

今度はおまえがおいしいマン汁をご馳走してくれれ麗は泣きだしそうな顔をした

お尻には五センチもの太さの金属棒が埋まっていて

ああ、どうして、あう、ああいやあ!欲しいのか?ほら、おねだりしないと入れてやらんぞ、ほら、この間教えた通りに言わんか。もはや歯止めを失った亜由美の小さく丸い尻は、うねるように動く。命じられた体勢は崩せないから、動ける範囲が限定されて、山鹿の男根を自分から飲み込むことは不可能だ。ああ、あれを、またああ、言わなきゃ…。ほれ、それとも、このまま、じっくりと楽しむか?何なら、このまま一晩でも良いぞ。もちろん、そんなつもりもないが、もはや、焦らされた限界を超えた亜由美にとっては、た。
エッチい事されても歓んでまうんや

アソコを手に弄るととても気持ち良くなり

まらない。亜由美の切ない我慢は、既にさんざんに食いちぎられたあとなのだ。唇が勝手に、哀願して。ああ、山鹿様、ああ、夫よりも逞しいオ00ボで、いやらしい亜由美を昇天させてください。のお願いします、一生涯、奴隷となりますから、ああ、夫では味わえない女の悦びをくださいませ!ああうう!満たされた。ズブリと突きたてられた山鹿の男根は、思い切って突き出した尻に後ろから侵入している。この体勢だとダイレクトに子宮口まで、一気に届く。

 

彼の股間に顔を近づけた


わななく唇を指で愛撫する

悲鳴のような淫声が部屋中に響き渡った。亜由美のしなやかな白い身体全体に、白い火花が飛び散ったのだ。早くも、ああ、牝犬。ああ、山鹿様、ああ、いい、いいです、もう、良くって、死にそうに、あう、ああ。どうだ、オレのことが好きになったか、下卑た笑いを浮かべながら、クイクイと腰を使いながらだ。こらえきれずに淫声を漏らしながら、亜由美の声は、教えられた通りに返ってくる。ああ、好きい、好きです、あう、あう、山鹿様、あ、あう、大人の魅力が、ああ、支配者様あすうきい、で、すぅぅぅぁうう!牝犬に、オ00ボをくださいませぇ!
そのままいざり寄り腰の上に彼女の尻をのせた目の前に男が陣取っている

また子宮の奥がじーんと熱くなってしまうあり得ないセリフを口にしながら、なぜか、亜由美はどす黒い津波に脳までかき回されてしまう。子宮までもが、つながっている、快感の津波だった。クリンと丸い尻を、男に媚びるように左右に振り立てながら、亜由美は背中を仰け反らせる。もはや、全身が溶けて、男根にこすり立てられる牝芯だけが、ドロドロの精液を欲しがっている子宮だけが、亜由美の全てだった。ああ、あう、イク、イク、イク、イキます。ああう、イカせてぇ、牝犬に、ああ、あううーちょうだいませぇー出してえ!くださいませぇ、淫らな信じられないほど、感じやすくなってしまった身体は、夫とのセックスで与えられたことがないほどの快感に溺れていた。
クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った
クリトリスのリングを少々乱暴に引っ張った

股間に背後から右手がそえられ

股間の痺れが全身にひろがっていく快感の渦の中で、男の精液にまみれねばならないと子宮がしきりに訴えていたのだ。悲鳴を上げて拒絶しようとする亜由美の意志を無視して、頭の中が真っ白になってしまうオーガズムの中、注ぎ込まれる精液をねだっていた。ぐふふ、へへ。ほら、いけ、牝犬。オレのを子宮にたっぷりと注いでやるぞ。ああう、あう、い、いくう、あうう、ああー子宮の中に男の生臭い精液がドクドクと熱く注ぎ込まれる。を感じながら、亜由美は、これ以上ない高みに押し上げられていた。
お尻の穴まで見えちゃつてます

男根はまたゆっくり後退し

亜由美を生涯、愛してる。いくら照れても、先輩の命令には逆らえない。亜由美への愛をカメラの前で喋らされて、これ以上ないほど照れまくるリキのアップにすがりっくように、亜由美は、またも、黒いオーガズムの婬声を放っていた。彼女。朝のお清めは、ちゃんとしてる?全員、きちんと揃っておりました。意外にも引き締まった身体に、うっすらと汗を浮かべている家元。根岸彼女はいつものように和装のまま、両手をピタリと前に揃えて控えていた。

アソコの心地良さは叫びたくなる程だった