セックス以上の恥ずかしさを覚えてしまったのも当然だった

肉棒への渇望で頭が痺れていた

やつがわざわざ知らせてこなければ俺が勘付くわけはなかったし、これからも極秘に千恵利を好き勝手に弄ぶ事が出来た筈ではだが予想していた。お前を苦しめるためだ。とかだ。のようなハッキリした答は返って来なかった。別れさせるため。んなもん、自分で考えな。まあ、これからも逐一動画を送って、チェリーちゃんの様子を知らせてやるから楽しみにしてろ。着信拒否なんてす。るんじゃねえぞ。千恵利をお前の店にはもう行かせない、と言ったら?チェリーちゃんはこれからも俺に会いにやって来る。

  • 人妻のふっくらした胸と腰を強調するかのようだ
  • 尻の方からムクムクとわき起こって来る猛烈な
  • 拘束していく

尻穴が女性器よりも優秀な第二の性感帯と化してしまったかのようでしたそう暗示してやってただろう?俺の命令は絶対だからな、下手に説得したりしねえ方がいいと思うぜ。何なら試してみなよ。後悔したって知らねえぞ。そうしたら…どうなるって言うんだ。命令を妨害されたら、忘れてたチェリーちゃんの記憶がいっぺんに戻っちまうかも知れねえな。彼女はそれに耐え切れんのかな?ハハハ…俺は暗澹たる気分で電話を切った。下手に抵抗すれば破局を早めるだけなのだ。いっそ悠木の軍門に降ってしまえば良いではないか、と悪魔の囁きが聞こえる。お尻を向けたり

 

勃起や

このまま千恵利自身全く覚えていない、一日2時間の忌まわしい佐々木との密通を黙認していれば、少なくとも表面上は彼女との幸福な生活を維持する事が出来るのだから。幸福なのか?本当にそんな生活が…。そう!俺に何か出来る。事はないのか、何か…。幸い、明日から週末2日の猶予が与えられている。探ってみるつもりだった。俺は何とか打開策を週末の抵抗と挫折その日金曜の夜の一家団らんの夕食も、楽しそうに談笑している妻と娘を横目に見ながら、俺だけは暗い気持ちで塞ぎ込んでいた。
同じように射精してしまっていた
それが鍵谷の肉棒だということは理解できた
2人は明日行われる奈々のバレーの試合について話していたのだが。タカ君も一緒に来てくれるんでしょ。えっ!?!もうパパったら。私の試合だよ。あ、ああ、もちろん行くに決まってるじゃないか。正直上の空で全く聞いていなかった。タカ君、まだ風邪気味なの?今日も一寸変だよ。そうかもな。今日は風呂に入らないでおく。無理しないでね。明日も寝てていいんだよ。いや、奈々の試合には這ってでもいくを。

 

肛門だけに留めたのか

そうだよね。パパは奈々ちゃん命なんだもん。ついこの前までは何のてらいもなく親馬鹿で子煩悩な父親を演じる事が出来たのに、心にポッカリと大きな穴が開いてしまった今では虚しいだけだ。そして食後すぐ書斎にこもった俺は、佐々木から送り付けられた忌まわしい千恵利の陵辱動画を削除するどころか、又も目を皿のようにして見ないではいられない。そしてこんな状況で何を考えているのだ、と自分を嘲りつつも、異様に昂ぶる勃起ペニスを握り締めてしまう。画面の中で俺にわびながら、佐々木に貫かれる快感に破れて自ら腰を使いトチ狂ってしまう、俺には見せた事のない痴態を晒す千恵利に向かって、浅ましく硬直した肉塊は猛烈な勢いで白濁液をぶちまけた。

セックスも経験し

奈々ちゃん、頑張れ!翌日、体育館の2階席に陣取った保護者応援団の中で歓声を上げる千恵利は大柄だしその美貌ぶりが一際目立つ。恐らく他の保護者達の中でも評判になっているだろう。俺は千恵利のお供で足繁く応援に駆け付けている。のだが、最近他のお父さん連中の姿をよく見掛けるのは彼女が目当てなのではないかと邪推している。千恵利だけではない。彼女が応援している娘の奈々も、この母にしてと言いたくなるほど長身の美少女で、おまけにエースアタッカーだ。

マゾヒスティックな快感がサディスティックな悦びに変わっていたのだフェラチオでの刺

痴漢のリーダーは告げた

みなさんも遊んでみてください。撮影していた男性たちは足の縄を手にして遊びます。足も百八十度以上に開こうとしたり横だけでなく縦に足を延ばすなど、いろいろなポーズを作っては撮影しました。これを使ってみましょう赤岩は落ちていた枝を拾ってきて、余計な枝葉を取り、一本の棒にしました。みなさんもよろしければ、そのあたりに落ちているもので鞭を作ってみてはいかがですか?叩いてもいいんですか。と客たちは驚いていますが、一番驚いているのはわたしです。

子宮口まで

ええ、かまいませんよ。と金男。彼も枝を拾おうとうろうろしています。男たちはしばらくそのあたりで枝漁りをしていましたが、戻ってくると、手には太いの、細短いの。さまざまな枝があります。長いの、男というよりも、突いてもいいですね。いの、男の子です。だけど、ほほえましい姿ではありません。赤岩が枝の先端で腹部を押しました。あふっ。肌に感じる痛みよりも、男たちが全員でわたしを取り囲み、恐ろしいのです。

 

今夜も彼らは彼女の調教を行なうつもりだった

どうなの。なんか言ってみなよ。暴力をふるおうとしている姿が金男も枝で柔らな肌を押してきます。ふぅううう。返事なんてできません。なわみ。縄に巻かれて幸せなんだろう?頭に血がのぼります。あえぐだけで精一杯。淫らな体をして。人妻だというのに、こんな恥ずかしい仕事をするとは恥ずかしくないのか枝の先が乳房をなぞってきます。恥ずかしいです。じゃあ、なんでやってるんだ。
射精してしまったからもうヘトヘトだったが

自分の口がオマンコになったつもりでな

カネのためか?ちがいます。お金じゃない。義兄に脅されたから…。口を開こうとしたんですが、ハッとしました。本当に義兄に脅されたからでしょうか。もし、それだけなら、わたしはいつでも逃げることができました。いくら縛られているとはいえ、一日中ではありません。隙をみて逃げればよかったのです。すべてが逆さまに見えます。

あのむちむちの尻もおっぱいも俺たちの意のままになるんだ

こうして吊られていると、頭が下になって、彼らの足元が見えます。地面が見えます。世の中が逆さまに見えます。そこでは、菜緒美がウソで、なわみがホンモノ。元はといえば自分で撒いた種です。そもそも縛られたい、という気持ちはゆるぎないものでこうしていても、確かに体を締め付ける縄によってわたしは高揚しているのです。気を失いそうなほどですが、しっかり感覚を研ぎ澄ましていないともったいないと思うほどです。

それにあんないやらしいクンニリングスをされたことも

それだけで勃起していた赤岩に指を縛られたとき。深川先生に囲炉裏のある部屋で縛られたとき。赤岩によって有刺鉄線で縛られたとき。そして吹雪さんに撮影されながら、縛られたとき。いまも体に刻まれていくこの感触は、番大切なものになっているのです。なわみは幸せです。もちろん、日常に起こるあらゆることを飛び越えて、わたしの記憶の一。ああ、呟いていました。なんだって?なわみは幸せです。こうして縛られて、縛られるのが好きなんだな。それ以上です。吊されて。

乳首を指股に挟んで乳房を柔らかく揉みほぐしながら

肛門に入れた指を曲げたりまわしたりといった動作を繰りかえしていく

というわけで、検診に行かない日は、図書館まで、ゆっくりと秋の日差しを楽しみながら散歩するのがおきまりのコース。別に急ぐ仕事なんて何にもないんだからと、いつも、極楽気分の香奈なのだ。もっとも、そんな調子だから、洗濯物を干し終わる頃には昼前になってしまうのだが、散歩くらいしかやることがないのだから、香奈は、一向に気にもしない。ああ、良い天気。お洗濯物を干すなら、こうでなくっちゃ。ああ、空気もすっかり秋らしい感じよね。8階にある香奈の部屋から、眺めは良い。エッチな表情の真菜は

その調子でフェラするんだ

そのまま急降下するような肉体的な快感がある排泄器官である肛門を相手に見られてしまその時も、晩秋の柔らかな日差しを浴びながら自分のパンツを干そうとぼーっと景色を眺めるともなく見ていたのだ。手に持ったまま、奥さん。声を掛けられた。ベランダにいた香奈は、室内から突然、さすがに、ちょっとびっくり。はい?あら、配達の方?じゃないし、えっと、ご近所さんでしたかしらあ、大輔さんの会社の方?主人ならもう、出かけましたけどかなり驚いてはいても、それが表面に出るまでに、時間がかかる。それでも、女らしい本能が、干しかけていた下着を、さりげなく後ろに隠した。この程度のことは、自分だってできるのだ、と密かにトクイに思ってしまうあたりが香奈なのだが。
乳首をズンと貫かれました

下着をつけた涼子が美冴緒の顔をのぞきこむ

と弥生が須賀は舌でクリトリスをとらえてこねた
こんなでかいパンツ、穿いてるって見られたら大変だもんね。いきなり、オトコが部屋にいたのだ。いのだが、香奈は至ってのんびりだ。本当は、パ。ッどころの話ではな騒ごうとも思わない。一つには、男が、ニコニコとしているうえ、真面目そうなサラリーマン風の格好をしていたということもある。いかにもありふれた男の様子が、香奈を怖がらせなかった理由かも知れ。ドロボーさんなら、きっと、ひげ面で、汚い格好をしているに決まってる。

フェラチオに屈するのはもはや時間の問題だ

人妻を襲って強姦しようとした犯罪人として
もんね。香奈なりに、相手を見ているつもりだった。あの、とりあえず、そこでは何ですので、まず、室内へお入りください。オトコは微笑を浮かべながら、そう言って、ダイニングキッチ。のイスを勝手に引いた。そこで初めて、自分がベランダに突っ立っていたことを思い出した。あ、イケナイ、ごめんなさい、うっかりしてましたわ、それでは、お邪魔します。

松尾が射精を告げてうめいた

セックスするよりも恥ずかしい行為かもしれなかった
あどけない表情で、ぺこりと頭を下げるところは、少女のようだ。自分の部屋にベランダから戻るのに、お邪魔します。もないものだが香奈は、気がつくわけもない天然系なのだった。ベランダのスリッパをそろえるのも、お腹が大きいと億劫だわ、と見当違いなことを頭に浮かべ、それでも、香奈なりに急いで部屋に入ってくる。ごめんなさい。お待たせいたしました。それで、あの。

亀頭という言葉を言われると貢は恥ずかしいし

長年のトレードマークだった、自慢のロングヘアをばっさり切った頭が軽い。おまけに、ホルモンの関係で、お肌が、ピンク色に輝いている。顔だけ見れば少女のような愛らしさを取り戻している香奈が、しげてみせた。さ、どうぞお座りになって。あ、どうも。小首をかまるで香奈が客で、オトコの家に来たような、あべこべの待遇だが、香奈からすれば、この親切さで、オトコに一気に親近感を抱いてしまった。なんか、親切そうな人よね。男が引いたダイラグのイスにそのまま腰かけると、二人は向かい合っえつと、まあ、あの、今日はちょっと、検査に参りました。

痴漢されてしまいました

人を痴漢のような目で見て

つまらないものですが、どうぞお受け取り下さい、ご主人様。今日はこれを。おう、気が利くの、オメエら。食うてから撮影しようやないか。ほんじゃせっかくやから、その日共に細川病院の白衣を身にまとってやって来た恭子さんと久美は手土産に地元の銘菓である饅頭を持って来た。久美は毎回何か手に提げて調教を受けに来ていた事を思い出したが、こんな殊勝な態度を取られたらこちらもますます情熱を込めてかわいがってやりたくなると言うものだ。ある意味俺の手塩に掛けた調教の成果とも言える。
は射精してくれました

アソコの中オクチ

一人暮らしの俺が早速皆で食ってしまう事を提案すると、もうこの家の勝手を知っている久美が言う。では、わたくしがお茶を入れさせて頂きます。よろしいですわね、様。おう、わての家の中は好きに使うてええぞ。あ、そんな事は私が。いいのよ、恭子さんはこんな時くらいゆっくりしてらっしゃい。ご主体中の水分を出さなきゃならないんですもの、ね。

 

剛直と化したペニスが扇状に翻りながら


肉棒を深く咥えこんだ

嫌ですわ、成本さん。だが、こんな和やかなムードは、恐れていた馬鹿女の一声で台無しとな既に家の中で待機していた麻里が、おい、玄関先まで来てしまったのだ。一緒に饅頭食おうとか、る。何言ってやがんだ、お前ら。バカも休み休み言いなっ!おい麻里、構へんやろ。オメェも一緒に食うたらええやんか。自分の立場がわかってんのかよ!特にそっちの背が高い方の女だよ。お前の亭主がしでかした事を言ってみろ、オイッ!
中出し何でもアリだから

亀頭に舌を這わせるあ、あの、この度は主人が娘さんに大変失礼な事を致しました事を、深テメエの旦那はなあ、アタシのかわいい娘をレイもっと、ちゃんと謝れっ!何が失礼な事だよ!プしようとしたんだぜ!--どんだけ性悪な女やねん。レイプやなんて嘘八百の癖に、ようそないな事が言えるな…それにしても、参ったな。ブサイクな女は何着ても似合わへん麻里は何と撮影用の衣装だと言って、まるでS女王様のような全身革とエナメルのサジスチンスタイルの服装を着用していた。スタイルの良いセクシーな美人ならともかく、醜く贅肉のたるんだババアでは全く様にならず、ほとんど失笑ものだが、ドスの利いたダミ声で怒鳴り回して迫って来ると、それはそれで地獄からの使者のような迫力があり、恭子さんは顔から血の気がサーッと引いて、麻里に押されるままに土下座してしまって。
こんなエッチなことをしちゃってるそして久志のほうも
こんなエッチなことをしちゃってるそして久志のほうも

中学生がフェラされているんじゃあるまいし

ペニスをしっかり頬張っていく主人の罪は、どうかお許しを。フン初めからそうやって奴隷らしくしてりやいいんだよ。麻里は何と靴下を履いた足で、恭子さんの美しいセミロ。グの髪を踏みつけやがった。醜いババアが絶世の美女を足蹴にするのは絵になる構図と言えなくもないが、早速調子に乗り始めた麻里を俺は諫めた。麻里、たいがいにせえや。見ろ、奥さん泣いとるやないか。全く男の人は甘いんだから。じゃあ、アタシのアシを舐めるんだよこのくらいで許してあげる。アカく興奮してもうた。
セックスに目ざめた奥さんだったら

子宮を強烈に直撃した

しゃーない、麻里もうまくコソトロールしたるしかないな痛みと言うより屈辱で涙を見せながら、薄汚い麻里の靴下の先を舐めている恭子さんを見てドキッとしてしまった俺は、内心苦笑した。自分と月とスッポンのような美人の若奥さんである恭子さんに敵愾心を燃やして責めるであろう麻里が行き過ぎないよう注意するつもりがイジめられる姿があまりに魅力的な恭子さんの泣きべそ顔についそそられてしまったのだ。もういいよ。どうせその調子で男のチンポを舐めてんだろうね、この淫撮影に入ったら容赦はしないよ、三倉さんも撮影に?乱女!覚悟しなそうだよ。アタシャ、本当はアンタのダンナをとっとと警察に突き出してやりたいんだからね。わかってんのかい?ど、どうか、それだけはお許しを。

僕は巨乳美女を組み敷いて遠慮なく彼女のおっぱいをいじり倒してるやっぱり

乳首を摘ままれながら顔を上げると

拘束椅子に両脚はもちろん

車で逃げられぬように、相手の車の方向から近づく。そんなことは考えずとも、身体が動くのがベテランだ。石松は、その対角線を通って、男達を挟み込むのは、あうんの呼吸というモノだ。さてと、君たち、何をしているのかなあ。ちょっと、話を聞かせてもらおうかあ一瞬、狼狽え身分証明書を掲げながら、近づく三輪と、た表情を包み隠して、ニヤリと笑った。こいつ。後ろの石松を素早く見つめた男は、狼狽えたはずの男は、確かに、石松を見て笑った気がした。
ペニスが口から抜けて芙蓉子の鼻先をかすめながら

もはや愛撫と言ってもいい動きで触れているのに

小バカにした笑いだった。石松は、腹立ちを顔に出さないようにしながら男達の背後に立つ。無言の圧力だった。いったいどうしたんっすか。ヘラヘラした笑いを浮かべて男が聞く。この車の持ち主かね。いえね、ダチのっすよ。ダチの白々しい口調だった。知性のない顔だった。着ている服ばかりは、いっちょ前のスーツだが、ひどくそれが似合わない。

 

彼はお尻の正面にしゃがみ込みまし


白い垢がこびりついていた熟女未亡人はシャワーのぬるま湯でそれをきれいに洗い流して

後ろ側にいる男は、一番マシだが、まるでホストのような雰囲気を持っているクセに、その立ち居振る舞いは、微妙に風俗の人間とは違っている。なかなか興味深いな。そっちを一応無視して置いて、手前にいるヘラヘラした男に畳み掛けた。君たちは、このあたりの人間だろ?なんで、東京の車が友だちのなんだ?男達の乗ってきたレンジローバーは、N県のナンバーを付けている。いやあ、友だちが乗ってきて、故障したんすよ。ふうん、その友だちの名前は?えっと、確かあ。
挿入してみた

股間がカチカチになって戻らなかったけしからぬ父親である友だちの名前を思い出せないのか?いえね、いっつもは、あだ名ですから。えっと、あ、そうそう、牧野つーんですよ。牧野。石松の声に、若い男達はギョッとした様子で振り向いた。おもしろい偶然だな。牧野さんなら、行方不明者として捜索願が出ている。ちょっと事情を聞いた方が良さそうだ。ウソではなかった。牧野という姓は珍しくもない。
子宮壁を圧迫してグリグリと擦る
子宮壁を圧迫してグリグリと擦る

コウタ選手ギンギンに勃起した肉棒を愛華選手の顔のところにもっていった

チンポってのはデカけりゃいいってもんじゃねえ今日も日本全国で何千という捜索願が出ている人間に。牧野さん。がいても不思議はないのだ。もちろん、その男達が思い浮かべた人物と同じであるかどうかなど、石松にとって知ったことではないのだ。絶妙のタイミングで、三輪が、男達の視野ギリギリで動く。事情を聞く前に、君たちの車を見せてもらおうか。え、ちょ、ちょっと!男からすれば、そのつもりはなかったに違いない。
挿入してみた

ちょっと黒みがかった兄のペニスが真子の性感をくすぐる

しかし、振り返る真似だけして、逆に半歩踏み出した三輪の肩に、突きだした手があたってしまったのだ。狙った通り。ほう、警察官を殴るとは良い度胸だ。肩を押さえながら、三輪がふむふむと、一人頷く。ちょっと、そんなつもりじゃ、ちょっと。公務執行妨害の現行犯だな、逮捕する。突き出したその手を、カクンと関節を決めて押さえる三輪。

熟女でさえ慄え上がってしまうくらい

ペニスに甘えてるえっちで幼い女の子みたいで

ペニスは手繰り寄せられ

こで私の罰を受けるのよ。ば、罰って一体、何の罰ですか?意表を衝かれて、東山はうろたえる。くっちゃね。馬鹿ね!お前、今朝は何時に出勤して来たと思ってるの。勤怠上、一時間以上も遅刻してるのよ。もっとも、遅刻は三十分までしか認めてないから、無断欠勤と言った方が良いか俊江は、ニンマリと笑みを浮かべる。東山の胸にヒヤリと冷たいものが走った。体罰は部長に禁止されてるから、鞭で打つことは出来ないけど、私の言うことに少しでも反抗。じゃあ、ごらん。そこで着物を脱いで、パンツひとつになるのよ。

  • エッチな喘ぎ声を上げています
  • ペニスとわかる強張りがクレバスをまさぐってきた
  • エッチな菜穂さんが

ペニスをしごき続けてしまうそして、犬の様に四つ這いになって俊江の残酷な命令が、キリの様に彼の耳に突き刺さる。屈辱に身をブルブル震わせながら、女達の前で衣服を取り、言われた様に床に四つ這いになった。ん回って、ワンと言って御覧。それから、チンチンするのよ。目が眩む様な恥ずかしさをこらえながら、半ばやけ気味に、のそのそと四つ這いで円を描く。その姿に女達の中に、クスクス笑いが広がった。大量のザーメンはまだ口の中にためたままだっそれから

 

大陰唇に指を添え

彼が両手首を垂らして膝立ちになり、チンチンの犬真似をすると、その珍妙さに爆笑が起る。元に来て、私の靴をお舐め!屈辱に顔を真っ赤に火照らせながら、東山は、俊江のスカートの下に身を屈して、その黒いハイヒールに舌を這わせる。俊江は片足を上げると、靴の底を男の顔に押し着けた。鼻がひしゃげ、唇に舌に、ザラザラした汚れた靴の裏が触れる。不潔感を必死で抑えて、そこに舌を這わせると、苦味が口中に広がった。
ザーメンパックのような精液塗れに汚されていた
ジェイクはキムの首筋を愛撫し続けた
ワーッと、女達のざわめきが耳に入って、こんどは、こっちよ!彼の屈辱感が増幅される。足が組み替えられ、もう一方の靴底が、彼の唇を捉えた。たっぷり時間を掛けて舐めさせた後、俊江の次の命令が飛ぶ。お前の方から、残忍な笑みを唇に浮かべて命令すると、つくばって、どうか、舐めさせて下さいってお願いしてね。俊江は、課員一同にも念を押した。女の子の中で、ドッと笑いが渦巻く。

 

挿入の

これで一同の緊張が解けたとみえて、東山が床を這って女の子達の足元に顔を近付けると、ホラッとばかり、女のハイヒールが次々に差し延べられた。いやだぁ。キャーッ、汚ないわ!本当に、舐めてるぅ-。まるで、犬みたい!頭がおかしいんじゃない?こいつ、女の子達の嬌声が、あちこちで上がる。そこでは、昨日までの自分達の課長に対する感情は、どこかに消え、犬の様に自分達女の靴底を舐める男に対する、驚きと軽蔑が渦巻いていた。大胆になった女達は、今や積極的に彼の顔に靴底を押し着ける。

ヘンタイのレッテルを貼られかねないと思ったのだ下着も無しのままに

中には、面白がって、尖ったヒールを彼の口中に押し込む女さえいた。全員の靴を舐め終えた東山は、みじめに汚れた顔で、俊江の足元に戻る。これで、工藤俊江は、得意満面である。最後にダメ押しをするわ。どおお?この男を気兼ね無く、トンとかお前とか呼べるでしょう?皆、目を瞑っていてね。俊江は、机の蔭に屈むと、自分の股間に手を差し入れて、何やらゴソゴソする。やがて立ち上がると、片手で握った糸の先にぶら下がる赤い塊りを皆に示した。ホラ、口を大きく開けて!俊江は、流石に動転する男の髪を手で掴むと、ぐいと顔を上向かせる。

奴隷メイドとして一生仕える誓約を交わしてしまってからもう半年

上端に這ってクリトリスをまさぐる

バシッ、バシッ!中年太りというには、オトコは年を取り過ぎている。太った初老のオトコの手が振り下ろされる。樹は、懸命に顔を庇うが、容赦なく、頬を打たれ、唇から血を流す。いやあ、た、助け、たすけて、助けて、いや、きゃっ。こちらに手を伸ばすから、牧野はとっさに身体を動かそうとして、縛り付けられている不由な身体のバランスを崩す。カメラマンがいるのだ。樹は、カメラを構える人間に向かって助けを求めたに過ぎない。
お尻の穴まで見えちゃつてます

健太の発達途上のペニスをやさしくしごいてました興奮のためでしょうか

しかし、弟から見れば、まさしく、自分に求められた。に他ならなかった。牧野には何もできない。やめろぉ。思わず、うめくような声を出す牧野モニタの中の、暴力の嵐は、オンナを殴ることそのものを楽しんでいるかのようだ。懸命に這って逃げようとする樹を、引き倒しては、殴り、起き上がるところをひっぱたく。カメラは執拗に、殴り続ける楽しげな表情と、怯えきった樹の表情を追っていた。やがて起きる気力を無くした、小さな樹の腹の上に、ズドンとその太った身体を落とし込む。

 

肛門に舌を差し入れながら玉袋に手を添えて刺激を加えていた


むき出しのクリトリスを立たせた

思わずうめく樹。そこに、さらに、パシッ、パシッと乾いた音を立てて、往復ビンタを2回、3回と、ゆっくりと続ける。オトコの顔は何かに酔ったかのごとく、目が座っていた。やめ、うぐっ、やめ、いやぁ、ぐっ。ぐったりとなっていた。オトコがその手を止めても、ピクリとも動かなくなっている。おい、女。名前は何という。答えない樹に、また、パシッと頬を張る。
ピストンの動きを早めた

尻肉がいやあ、やめて、あう。名前は?一瞬手を止めた。樹は、慌てて言葉を出す。いつき、山中、樹。パシッ。ですが抜けているだろ?躾がなっとらんな。最近の若いヤツは振り上げた手に、樹はおびえて顔をかばうが、その手を簡単に左手で押さえられてしまう。山中樹です、やめてぇ、ぶたないで。呻くように、小さな声。
もっとエッチなこと
もっとエッチなこと

意識を失っ腫れたお尻を平手で叩かれて

奴隷みたいになっているケースと懸命に、理不尽な暴力から逃れるすべを探す、弱い女の姿がそこにはあった。じゃあ、大人しくするな?コクリと頷く樹の頬を、今度は軽く叩く。返事は?素直にならんと、もっと、痛い目に合うぞ。やめて、ぶたないで!大人しくするわ、だから、やめて!です、ます、だろ?ペシペシと頬を軽く叩いただけで、樹の目に恐怖が宿った。口の中を切ったのか、モノが見えている。大人しくします、だから、ぶたないでください。
お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て

ジンジンしちゃう池上は人妻のうなじに舌を這わせながら

よしよし。少しは躾ができたようだ。さてと、そろそろ始めるとするか。唇に赤いぐったりと横たわる樹に馬乗りになったオトコは、ていた。あれは。その肥満した体重で容赦なく押さえつけようやく思い出していた。鼻をひくひくさせた、尊大な、脂ぎった男。その顔は確かに見覚えがあった。そして、その声も電話の向こうの驕りきった声を、今、はっきりと思い出していた。

マンコが気持ちいいだとオ

静香ちゃんは処女なんだから

お尻に突き刺さった器具を

タッチした。うぅぅぅっ膝の上の左手に口寸止めにされるかと思ったのは一瞬のことで、左手で亀頭を扱かれて、次の瞬間精液が勢い良く空中に噴出する。会長、罰ですよ。それと同時に、彩乃は右手の指をあろうことか尻穴に突き込んできたのだった。三田村コンツェルンの総帥である会長という立場になって以来の隼人に、そんなことをやってのけたのは彩乃が初めてだった。公心巾射精が二撃、三撃と続く。あららら、もったいない。リサが笑いを含んだ声で言う。精液は彩乃の豊かな乳房や、太ももへと降り注いだ。
クリトリスが擦れてたまらんだろう

チンポをしゃぶってやがる

確かに四十になりましたけどね、お約束ですわ会長。つい最近わたし。でもそれは言わぬのが言いながらも彩乃はまだ左手の動きを止めないし、右手の指先もそのままだった。わかったわかった。せっかく彩乃君の凄技フェラで口出ししようと思ってたのに、ひどいやつだ。あら、会長こんな熟れ熟れの女、三人も集めて、一回で終わらせて貰える。と思ったら大間違いですよ。すごわざくちだ。

 

処女の女子校生


大きめのお尻に繋がっている

彩乃も笑いながら言う。バチー、こちらでのそんな会話など関係なく、逆さ吊りの葵依には鞭打ちが続けられる。私もご奉仕に参加させてください。会長も、葵依が言う。か、もうお許し下さい。ほら四十二歳も参加したいそうですわ。歳ですわね、わたくし達。平均するとやっぱりちょうど四十再び乳房を押し付けながら、リサが笑う。しかし、最初はスパイそのものを育てろという話かと思ってびっくりした。
乳首を摘ままれながら顔を上げると

勃起していく気分になったな九月とはいえ昼間はまだかなりの残暑で、夜になってそよそよと風が舞い、ようやくテラスもしのぎやすい気温になる。隼人とリサ、そして彩乃はバスローブをそれぞれ着て、ワイ。の細いグラスをカチリと重ね、軽い乾杯をした。スパークリング先ほどまで居た巨大な浴室に隣接したテラスにはコの字の形にソファが置かれている。その一番大きいソファに隼人を中心に、右にリサ左に彩乃が並んで座り、グラスの淡い金色の液体を三人とも一度に飲み干した。
下着を白衣から覗かせて
下着を白衣から覗かせて

沢崎は手で膨らみを揉むと同時に指先で乳首をくすぐった

そうやって股間の強張りを真奈美の下そうしているうちに強張りはみるみる硬さと大きさ一仕事を終えた一杯という感じだ。コの字の短い一方に全裸のそらが座り、姉の葵依の口奉仕を受けていた。彩乃とリサがじゃんけんをして、勝ったリサがこの後そらの男根に跨またがることになっていて、その準備段階を姉の葵依がしているというわけだ。まあ、うちにそんなノウハウがあるとは、国民自由党のお偉いさん方だって思ってやしませんわね。リサが答える。彩乃は意味深な笑みを浮かべている。なんだ牧野言い方だと、まるでそんなノウハウがうちにあるかのようだ。
エッチい事されても歓んでまうんや

太く長い彼の肉棒を受け入れてからあまり時間が経っていないので

なリサが緑色のボトルを手に、隼人、彩乃のグラスに金色の液体を再び注。あら、会長。天下の三田村コンツェルンですわよ。ありませんか。ないとは限らないじゃ自分のグラスにも継ぎ足しながらリサがこちらを見ずに言った。まあ、どんなスパイが来週やってくるのか、見ものだな。実に楽しみだ。リサの言葉に敢えて反応せず、隼人が答える。

新庄が膣の中から指先を抜き出すと

お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て

ペニスを見ただけでメロメロに欲情して何でも言う事を聞く

数人の乗客が向かい合う同僚教師のまわりに集まっ理紗の声を聞いて、てきた。どうしたんですか?痴漢ですか?複数の責める視線を投げつけられても、喜四郎の顔の笑みに変化はない。自分に非はなにもないという顔つきで返答した。いや、違う。ぼくが知り合いの彼女の肩を後ろから叩いて、驚かせてしまったのさ。そうだろう?喜四郎の自信たっぷりの声音が、理紗の神経を逆なでした。

  • クリトリスから浮かせた肉傘を無造作に
  • ジワッと蜜壺がペニスを完全に腰を落とすと同時に美和子が亀井に抱きついてきた-とい
  • 私はお酒を飲んでまたおもちゃでオナニーした

思わずペニスに眼を奪われているうちに桃井に手を取られ今すぐ郎の顔に平手を喰らわせて、痴漢だとぶちまけてやりたい。でも、ここで柳沢先生を逮捕させたら、樫山学園の生徒に迷惑がかかってしまうわ。それだけは避けなくてはいけない。理紗は燃え盛る怒りの炎を強引に抑えつけて、喜四郎の言葉に同意した。ええ、そうです。わたしが驚いて声を上げてしまって。なんでもありませ理紗の言葉を聞いて、乗客たちはもとの座席や立ち位置にもどった。つっかえているペニスが苦しい

 

最後の一滴までも膣奥へとそそぎこんだことを確認してからる

喜四郎が、理紗の耳に横に広い口を近づけて、小声でささやいた。から見れば、二人は親密な関係に見えるだろう。理紗先生なら、そう言ってくれると思っていたな。理紗も声を潜め、しかしけわしい語気で返した。学園の生徒を、痴漢の教え子にしたくなかっただけよ。どうして、こんなことをするの。まあまあ。それについては、人目のある電車や駅の中では話し合えない。
乳首に使われたものよりも細い感じがしたし
真菜のクチから下着がズルズルと引きずり出された
次の駅で降りて、外へ出ようじゃないか理紗はただうなずいた。頭の中では、生徒を守りながら喜四郎を糾弾す。る方法を懸命にめぐらせて、痴漢教師の腕を逃がさないように強く握りつづける。対する喜四郎のほうは、涼しい顔を理紗に向け、うに左手に持った紙バッグをぶらぶらと揺らした。楽しいことでもあるよ次の駅に停車すると、理紗は率先してホームへ降りた。

 

アソコに侵入するとクニクニと蠢いて

ホームには。森野口。と記したプレートがいくつもある。通学の途中で毎日通りすぎてはいるが、一度も降りたことのない森野口駅の改札を、速足で通り抜ける。目の前に、口で言える特徴のない駅前広場と商店街が広がった。理紗は、樫山学園の名が他人に聞かれないように、もっと人目のつかない場所を探して、問いつめるつもりだった。しかし沸きあがる怒りの衝動に抗しきれず、広場の隅へと喜四郎を引っぱっていき、小さく絞った声をぶつけた。

巨乳を一閃すると同時に

本当なら、柳沢先生を警察に突き出すところだわ。でも、あなたに教わった生徒たちの気持ちと、樫山学園の名誉を守るために、あえて警察沙汰にはしない。そのかわり、今日かぎりで樫山学園を辞めて、二度と教職にっかないことを約束するのよ。猛犬すらしっぽを丸める迫力でにらみつけられて、喜四郎は幅の広い口の両端をニッと吊り上げた。顔がますます蛙に似てくる。すばらしいお言葉だな。