オナニーしはじめてる奴もいる

乳首を吸わせた

気を取り戻した美樹が頭を上げた。そして、再び頭を下げて、侵入したものを見る。いや、い。へっへっへ。さっきよりずっといいはずだぜ。やめて、やめてぇぇぇ。やっそんなもの、いやああ…。言いながら、美樹は腰を振っている。奥まで収まると、男はこねるように動かす。美樹は、ますます激しく腰を揺すっている。まだまだよくなるぜ。美樹さんよ。苦痛に耐えて唇を噛み締めているうちに子宮が熱を帯び

乳首が硬く勃起していやらしく天を向き

ぴっちりとしまった唇で亀頭を扱きながら奥まで入れた瞬間男が、突起部分をクリトリスに当たるようにして、スイッチを入れる。いやつーいやぁああ男は巧みに動かしながら、美樹の官能を刺激する。そして、スイッチを最大限まで回した。だめ、だめええぇぇ。ブウ~ンブゥ~。ぬちゃぬちや。淫靡な音が部屋を支配していた。いや、いやまたイッちゃうーし男がスイッチを止めて、美樹に聞く。
尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

森山さんのフェラのテクはすさまじく俺はすぐに我慢できなくなってしまい

肉棒が引き抜かれます
あの男の名前は?ふ、古川。今度は正直だな。左ー直パ11古川慎一!ー男は、ニヤリと卑猥な笑みを見せた。男は再びスイッチを入れると、手を離した。美樹を犯しているどす黒いものは離れなかった。美樹の秘部が、しっかり咥え込んでいるのだ。美樹が腰を振るたび、突起が敏感な部分に当たる。そんなに気持ちいいのか?

クリトリスを剥かれ

あゆみは刺激的になったクリトリスと膣の快感をダブルで感じ
いいの、いいの。どこがいいんだ?ーすごく太いの。言わないと、またスイッチ切るぞ!ああ···おまんこ、おまんこ。誰のおまんこだ?ああ美樹の美樹のおまんこ。美樹のおまんこが気持ちいいのか?そうよ···美樹のおまんこ、気持ちいいのぉ!クリはどうだ?クリも美樹のクリもすごくいいの。

尻の穴を刺激すると

若い男のチンポ汁が欲しくて
そんなにいいなら、イッてもいいぞ。美樹、イッちゃうーガクンガクンガクン。美樹は、その美しい顔をもはや我慢できない快楽にゆがませ身体全体を不自然に硬直させて、再び昇りつめた。美人捜査官の絶叫バイブレーターは、そのまま動いており美樹の痙攣は、しばらく収まることはなかった。痙攣が収まったかと思うと、また腰を振り出した。誰か、誰かスイッチ止めて。ああイク、イク、イク。いやああ·いや、いやつー抜いて。あぁあいいいいまた、また。

恐怖の去らないまま責め続けられるこお尻にたらすところがなくなると

ぅぁああ。だめよ、だめよ…。イク、イク。すごいー気持ちいいああまた。いやいやよまたイクああ。ああおまんこ美樹のおまんこいいい。狂っちゃう美樹のおまんこ、狂っちゃう。はぁ…。はぁぁイクイク。あっ、あっ、あんあんああぁああ。美樹は、もはや腰の動きを止めることはなかった。何度も何度も昇りつめ、身体を硬直させた。美しい顔は悦楽に支配され、髪を振り乱しロからよだれを垂らし続けた。白い首筋や深い乳房の谷間は、大量に汗ばみバイブレーターを咥え込んで離さない肉壷からは、おびただしい愛液が溢れ出し、むっちりした太ももふくよかなふくらはぎは、べっとり濡れている。

接待奴隷なんだろ

あうう事務机の上に大量のザーメンが飛び散っていた

コレは主人からの、今夜えっちしようよというお誘いなんです。アナルセックスは久しぶりかも…でも前でするのも、この大きなお腹じゃためらわれますもんね。私は、この子が女の子だったらすっごい。どMに生まれちゃうんじゃないかしら、と思いながら、アナルの刺激が嬉しくって禁止されているのに、子供達の見つめる前でイッテしまいました。今夜は主人に打ち明けてタップリお仕置きしてもらおうと思います。モンスター困ったことになったな。俺は暗い気持ちで日の暮れ掛かった住宅街の団地をとぼとぼと歩いていた。ひさびさにコウタさんとセックスしたいな

男は頭を真理の尻の下に埋める格好だ

お尻をぶってとおねだりしろ向かっているのは、俺が担任をしている小学校6年生のクラスの、森下ひとみと言う子供の暮らす家である。ひとみちゃんは今日で3日連続して学校を休んでいるのだが、母親から様子がおかしいのですぐに来てくれと言う連絡があったのだ。3日くらいで家庭訪問するのは異例だと思うが連絡を受けた校長が慌てて、すぐに行って来なさいと命令されていた。服部先生、このお母さんはなかなか難しい人ですからね。刺激せず、穏便に話をまとめて来て下さい。どうかあまりここの校長はもう定年の近い女性である。
セックスに目ざめた奥さんだったら

オナニーをしていないという

オッパイも縛られています
女性と言ってもとてもしっかりしていて、体がデカいだけでペーペーの俺など話をするだけで緊張してしまうような立派な教育者なのだが、さすがにもう先が長くないのに大きな問題を起こすのは避けたいという気持ちが、少し疲れたような表情に表れているようだった。--モンスターペアレン。か最近巷で話題になっている、クレーマーの親達はこの学校でも大きな問題となっている。校長は、子供のことを大切に思う気持ちは親として当然で、たとえどんな無理難題でも、しっかり話を聞いてやって対処しなさいと言う考えなので、このような言葉を使うことを嫌っているが、実際に対応する俺達教員にとってはいい迷惑である。これまで他の先生方が苦労しているのを目の辺りにして来たが、小学校教師になって2年目の俺にもっいに試練がやって来たのだ。校長はひとみちゃんが5年生の時の担任だった天野先生を呼んで、を説明させた。ひとみちゃんは母子家庭で一人っ子なんです。

チンポ来てるっ

肉棒がぴくりと蠢く
お母さんは普通の人に見えるんですが、ひとみちゃんのことになると一生懸命で、何度も学校まで意見をしに来られましたわ。校長の前なのでいつになく緊張して丁寧な言葉使いの天野先生は、去年同期でこの小学校に赴任した教師にしておくのはもったいないような美人である。実は俺、服部大樹は、彼女天野真菜先生と真剣に交際している。年度内には婚約して校長に報告し、来年はどちらかを他の学校に転させてもらう予定だが、まだ5月の現時点では誰にもそのことをバラしてはいない。とりわけ多感な子供達には絶対に勘付かれないよう、校内では極力よそよそしく話をするようにしている。それでは、私は他の用事がありますので…が、そう言った校長が席を外し、校長室の中で2人切りになった時、真菜はいつものくだけた口調で言った。

股間にそそり立つ八寸胴返し

ペニスが体内をかきまわす
大ちゃん、大変なことになったね。そうかぁ?ひとみちゃんは、とてもいい子だぞ。そうね。それにとってもカワイイよね、あの子。大ちゃんもそう思えっ俺は何だか体を妙に悩ましくくねらせながら、拗ねたような口調でそんなことを言う真菜にビックリしていた。小学校教員なので色気もくそもないジャージ姿なのだが、なぜか女性の大事な部分に両手を置き、コケティッシュに小首を傾けて俺を見上げるように言う真菜は、こんな場で不謹慎だがまるで性的な興奮を覚えているように見えたのだ。俺は今日家庭訪問するために着替えていたスーツのズボンの前を固くさせてしまった。

社長秘譜で愛人マゾ奴隷

一体どうしたんだ、真菜のやつ…コイツ、こんな色っぽい女だっ六力真菜は外見は女らしい華やかな美人で、高校時代に相撲部屋から声を掛けられたことのある体重100キロを越える巨漢で、自慢じゃないが醜男の俺とは、美女と野獣。という形容がピッタリだ。ところが驚くべきとに、俺に交際を申し込んで来たのは彼女の方で、性格は外見と大違いだ。から世の中わからないものだ。彼女はまるで竹を割ったようにサッパリした男のような性格で、俺の方は逆に、よく友人から。女の腐ったよう。と評される、ウジウジした気弱な人間なのである。一体こんな俺のどこを彼女のような素晴らしい女性が気に入ってくれたのだか、自分でも不思議なくらいなのだが、彼女は普段性的なことをほとんど感じさせない。

かい口内粘膜が亀頭に密着する梨香は徐々にのどの奥までペニスを呑み込んでいった

オナニーしてるなんて正に

それに、たくましくなったモノが、和花の指遣いに反応して、時折、ヒクンと動くのも、花の心を弾ませてしまうのだ。私、まだ、あなたに嫌われてないのよね?あなた、あなた、あなたぁ。和和花の身体は、男の喜ばせ方を、既に身につけ始めている。心の中が、夫への愛情をあふれさせれば、ごく自然にその指遣いは、男を喜ばせる動きを加速させてしまうのだ。和花、亜由美、待ちなさい。無情にも、家元の声がかかれば、和花の、その動きはピタリと止まらねばならない。
ぎゅっと締め付けて乳首を両方とも潰してご

彼女を奴隷のようにしか扱わない

手をゆるめたその中で、男根がヒクリと動き、和花の掌を押した。このまま、この下賤なモノに良い思いをさせる必要なんてないですよね、みなさま?瞬時に、期待に満ちたい日が、家元に集中する。オンナの腰を抱えていた男も、手回し良く、立ち上がった。オ00コからヌルリと抜け出た。男根は、白濁したオンナの秘液を身にまとって、フルフルと揺れる。見放されて突っ伏すオンナは、途中で、それも、オーガズムの直前で見捨てられ、悲しげな悲鳴を上げた。

 

吾郎はクンニをやめると


そこがペニスを刺激し

どなたか、この二人と今すぐ、しちゃいたい方あー今なら、夫の目の前で!のスペシャルサービス付きですよぉ!やりい。瞬時に何本も手が上がった。手を挙げるだけでは飽きたらず、亜由美の前にも、和花の前にも数人の男達が群がる。善人と良識人の仮面をかなぐり捨てた男達にとって、素人の人妻を犯すのも楽しいが夫の目の前で、というのなら、これ以上ない贅沢なのだ。そんな体験は滅多にできない、と男達誰もが思ったのだ。もはや、男達に品性とか常識と言った言葉はなくなっている。家元が次々と提供してくる。ごちそう。を味わいさえすればいいのだ。家元のやることなら、おいしい話に違いない。
これから細川の奥さんのアナルを犯すのかと思うと

尻のおかげでと、いつの間にかすり込まれていた。お清めの香の匂いに、誰一人気付いていないのも、少しずつ、少しずつ。慣らされて。きた結果に過ぎないのだ。で家元が、にこやかに見守る中で、男達は、じゃんけんな、じゃんけん!いやあ、これは、年功序列。そんなぁ、しかし。やっば、じゃんけんがいいだろお。和花と亜由美の前に集まっていた。真剣な顔をして、順番決めがまるで、小学生の男の子が給食のおかわりを奪い合うように、始まる。
奴隷のおまんこにめりこみました
奴隷のおまんこにめりこみました

乳首も少しずつ十四歳で一度

なおも萎んだペニスを愛撫しながらじゃんけん、ぽん!あいこ、で、しょ。やったぁ!オレ、オレね、オレ、オレ、オレ。無邪気に男達がはしゃげばはしゃぐほど、の気持ちは、深海へと落ち込んでいく。なまじ、愛情を込めたキスをした直後だけに、男達の騒ぎは、自分たち夫婦への愚弄だと思い知らされてしまう。しかも、その。によって、和花は、淫らな。オンナ。にならねばならぬのだ。愛する。夫の目の前で。この後、快楽のハレンチな姿態を演じさせられるのはわかりきっていた。
セックスの時も下着をいろいろ工夫していた

ペニスを受ける資格はないんだってさ深く入れたり

絶望と引き替えに与えられる、無上の快楽。和花の、いや、生け贄達の絶望こそが、男達にとっては、最高の楽しみ。人間の尊厳を楽しげに踏みにじることこそ、ここでしか味わえない喜びなのだ。囲んだ男に冷やかされながら、中年男の手が和花に伸びる。薄い肩をつかまれて、和花は、男の腕の中。脂ぎった唇が寄せられる。和花は目を閉じて受け入れる顔を作らねばならない。

唇で亀頭を摩擦する

セックスの跡が生々しく残っていて

人妻ブルセラを始めるとますます張り切って

悪女にセックスさせられるとき分泌する膣潤滑用の少年汁である。これまでで一番恥ずかしいやり方で、その液汁を分泌させられた。志摩子はまた貢の前で脚を大きく開き、白衣のすそを乱して、黒いシスルーショーツとガーターベルトを悩ましく露にしていた。エロそのもののランジェリー姿だが、惜しむらくはガーターで吊るストッキングがパソティと同じ黒ではなくベージュだということ。だが、病院内で黒のストッキングは志摩子でもさすがに穿くのをためらわれる。
下半身がひどく頼りなく感じてしまう

思わず声が出てしまいます処女膜を破壊したのですが

超ミニの奥は背凭れで上体が起きた貢の視界にも入っている。すでに股間に穴まで空けられたショーツからは、貢の肉棒をズコズコハメ込んだ濃桃色のオマンコが露出していた。貢を破廉恥な下着で悩殺しつつ、尿道内のカテーテルとアヌスに挿入した鉗子で少年のGスポットを嬲りに嬲っていく。検診室は普段は薬品臭が鼻をつき、冷気さえ感じる。だが今は痴女たちの熱気に満ちて、甘くてきつい女臭が誘惑するように漂い、ムソムンして。

 

乳首をくすぐるようにこねつづける高見の指先に


ペニスで貫かれて

ああ、エッチなことするなら、してもいいです。でも、わざと恥ずかしくさせたり、ひどく感じさせたりしていじめないでぇ…。貢の快感は昂る一方だが、肛門鏡でアナルを開かれ、尿道にカテーテルを挿入されている状態は、やはり精神的に耐えられなかった。深い羞恥と快感で屈従して慣らされてきているのだが、理性的には苦痛でもある。その状態を被虐的に受け入れてしまうという淫靡な倒錯の中で悶えている。
下着を置けば良いのかきょろきょろと見回して迷いました

ペロッとはみ出した小陰唇にもローションが絡みついているまあ、何を言ってるのかしら。これはちゃんとした泌尿器科の検査よ。エッチなこと考えてるから、検査中にオチンチンが立ったり、そんな馬鹿なこと言ったりするのよ。初めて来たときは仕方がなかったかも知れないけれど、慣れてきても触られるたび、勃起しちゃつて、どうするの?やらしい子ね。ああ、ち、違う-。みんなで寄ってたかって、わざといじめてるもん。貢は志摩子にピシャリと言われ、チンポをおっ立てながらも、眼が涙でうるうるしてしまう。
乳首も敏感で
乳首も敏感で

池上は敏感なクリトリスをしつこく舐めこすった

その直後に子宮のあたりでむず痒いものが湧き起こってきたさっき言いかけた偽の検査ではないかという疑いを口に出してしまいたくなった。膨らみきったペニスと前立腺を責める興奮で、志摩子の膣肉が暗い穴を覗かせていた。肉穴からは愛液がしとどに溢れている。志摩子だけではない。ナースと学生たちも淫らな雌肉が蠢き、穴汁がパンティに染みていた。年上の美女の恥裂を開かせるのは、汚らわしさのない貢のM性の魅力であった。
は射精してくれました

愛撫に体をくねらせ

貢の悶えを堪能していた志摩子は、けだるい表情で肉棒を眺める優子と万里を見て、しばし思案する顔を見せた。医者やナース、学生が女ばかりで、年頃の男の子には恥ずかしいのでしょう。それと白衣が恐いのかもしれませんね。白衣は脱ぎましょうか。いや窓のない密室の検診室に女ばかり四人もいてムンム。して暑いですからついでに下着だけになっちゃいましょう!

挿入して言う

チンポをくわえ込ん俺はマナミが

処女ならではの幼さを残した薄い縦の谷

この子もマゾやな目を塞がれ何をされるかわからない恐怖で激しく慄え涙声で嫌がりながら、俺や母親に言われるとあんぐり口を開けてしまったありささんを見て、俺は母親同様彼女も被虐を歓ぶMの資質を持っている事を確信する。どうしても拒絶するなら、鼻を摘まんで無理矢理開かせた口に捻じ込む強硬手段を考えていたのだが、押しに弱く強く言われると従ってしまう性質の女の子なのである。俺は手にしていた秘密兵器を、大きく開けてしまったありささんの口の中にガッツリ含ませていった。バイブっ。わかるか?ありさちゃん。これは男のチンチンの形をした、つう楽しいお道具やで。学校で習わへんかったか?ムゥッ!俺が軽口を叩きながら口一杯にくわえさせてしまった男根型バイブレタに喉奥を突かれる苦しさに呻くありささん。股間は激しく疼いてしまったのだ

乳首感じやすいこと知ってていじるんでしょう

亀頭にはだがその苦しさも、マゾ娘にとってはいつか歓びに転化してしまう事だろう。そして専用ストラップに取り付けたバイブを口に嵌めて、後頭部に回したストラップのホックを掛けてしまうと、ボールギャグ。ならぬ。チンポギャグ。と化すのだが、この男根型バイブレータには秘密があった。オクチいっぱいにくわえた気分はどや?初めは苦しいやろが、そのうちエッチい気分になって男が欲しゅうなるんや。なんせコイツはオッチャの本物のチ。チンで型取ったバイブやねんで。後でオッチャンの生チ。
肉棒をいやらしい汁まみれの秘所

尻穴を舌先で辿りながら

守は鼻先が股間に触れるほど
をしゃぶらせたるさかい、予行演習や思て、しっかり味わいや。凄い…。何やお母ちゃん。たろうが。オメエには、まんこやケツの穴にさんざん使うてやっでも、こんな使い方があるなんて。麻里がヒソヒソ声で感心したような事を言う。この自分のペニスで実際に型取って作ったバイブレータは、長年女の性感調教を手掛けて来た俺が開発した秘密兵器だ。アタッチメントになっているので、股間を管理する。

愛撫は拷問以上の効果がある

ペニスを構え直し
貞操帯の裏地に付けて麻里には使ってやったのだが、それを娘のありささんには口枷として使用したわけだ。女のカラダは本能的に男性器を歓ぶように出来ているわけで、男根型を性感帯に装着していればその形になじんで、その男のペニスを受け入れる。と意思とは無関係にカラダが歓びに打ち震えるよう条件付けされてしまう。しかも遠隔操作出来るバイブレータなので、効果抜群だ。麻里やその前に調教した久美には一日中取り外せない貞操帯の中に仕込み時々振動させて快楽を染み込ませ、前の穴も後ろの穴も俺のペニスの虜にしてやったのである。

芙蓉子の尻肉と矢島の腰肉がぶつかって

股間を始めとす
もっともこの2人は俺に何でも服従する隷属意識が確立した頃から違う男の形のバイブレータで同様のカラダの条件付け調教を施している。それは俺の調教が完了した後で引き渡して、彼女達の本当の。ご主人様。になる依頼人、つまり。こと細川守男のペニス型だ。ホラ、こんな事も出来るんやで。んんんっっ!!女の子は男の人のチンチンをおしゃぶりすると嬉しゅうなって、オクチの中まで気持ちよう感じるようになるんやから、しっかりそのブルブルをだんだんエッチい気持ちに味わっとき、ありさちゃん。

バランスボールも激しく股間を擦りつけないとバランスボールの上で飛び跳ねるのです

なって来る筈や。ウソやないで、俺はリモコンでジーと小刻みな振動を与えてやり、目を白黒させて呻くありささんに暗示を掛けるように言い聞かせた。口の中まで感じるなんてマユツバだと思うだろうが、男のモノを含まされてると思えばマゾ女は興奮して本当にエロティックな快感を覚えてしまうものである。そしてこんな経験を続けられれば、どんな貞操観念の固い女でも男好きの淫乱に変身してしまうだろう。処女のありささんにも通用するかどうかは、まだ不明六力。麻里っ!オメエは上の方の担当や。コイツでくすぐったれ。はい、ご主人様。んんっっ!!

尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

ピストン運動に不慣れなその初々しい腰の動きが

岩井は局長室に足を運んだ。決済機関のあることは結構だが、決済行為を事業執行に支障のないようにスムーズにしていただきたいと申し入れた。それは私もおなじ思いなんです。岩井さんたちにご迷惑のかからないようにしようとしてるんですが、これはどうなんだ、あれはどうなんだという声が出て、それで時間がかかってね。事業の計画、遂行には認識を共有することが大切で、それをおろそかにすると色んなところで齟齬をきたすことになるわけで、それはご理解いただけるかと思います。なるべく岩井さんのご希望に添うようにしますよ。伊知地は持ち前のおだやかな口調で言った。ところが決済機関は技術系の苛立ちをせせら笑うように決済に時間をかけた。
チンポをくわえ込ん俺はマナミが

お尻の中に完全に見えなくなるまで押し込んでいきますよ

伊知地は局長の権限を技術系に見せつけた。業者は水道局に働きかけても埒があかないため市会議員の尼勝や都井に泣きついた。素人の局長に好き放題させて何をしている。ビシッと言うてそれで聞かなんだら、わしが市長に話してもええ。ただなあ、そうなると水道局で内紛が生じているように取られて、局長もあんたもマイナスになる。この世界はあんたも知っての通り喧嘩両成敗で人事しよるからな。と尼勝は岩井の尻をたたいた。尼勝にすれば業者を困らせる水道局長はもってのほかだっその伊知地をコントロールできるかどうかに岩井の評価がかかっていることを、尼勝は言外に匂わせた。

 

フィストファックは経験することができませんで光輝は私のおケツから指を抜き


舌の先で女のクリトリスを触る女がよがる

伊知地をどのように説き伏せればいいのかと思い悩んでいた岩井の携帯に、OBの平良から海野亜希子のことで連絡が入った。亜希子の窮状は渡りに船だ。亜希子は伊知地の紳士ヅラの裏にある金銭欲と身勝手さに嫌気がさしていた。伊知地は亜希子と週に一度ラブホテルを利用していたが、ホテル代を亜希子に払わさせていた。係長級にして相応の収入を得るようにしてあるのでホテル代の支払いぐらいはなんでもないだろうというのがその理屈であった。亜希子は岩井に水道局発行の広報誌。ウォーターライン。
両脚を持ちあげて股間を大きくひろげた

大陰唇はぷっくらと膨らんでの制作会社と伊知地との癒着を告げた。伊知地の横槍で事業執行が思うようにならず、立場が悪くなっている岩井への恩返しのつもりであった。制作会社のR企画は都市整備局時代から伊知地と付き合いがあり、その関係は水道局長となってもつづいた。水道局としてもPR誌を出すことに決め、業者を形ばかり公募したが、実際はR企画を採用するためのカムフラージュであった。実績重視で評価し、すんなりとR企画に落ち着いた。半年に一度、R企画が製作し、町内会の回覧板や役所の窓口に置いてもらった。
処女ですか
処女ですか

下半身は黙っていないのである

股間に伸び反響はほとんどなかったが、PR好きの伊知地局長の行政センスとして職員は見ていた。そのR企画が伊知地の財布になっていた。製作費用として年間五千万円を支出しているが、実際は三千万円ほどしかかかっていない。R企画は水道局に水増しの費用を示し、伊知地はそれを承認していた。水増しで得た利益をR企画は伊知地と分けていた。伊知地が直接。企画からキックバックを得ていたのではなく、馴染みのクラブのツケをR企画に払わさせていた。
朝まで調教大学やフラワーアレンジメント

オマンコしてぇ

露見したところで伊知地は言い逃れしやすいような遊び方をしていた。クラブのホステスとタクシーでラブホテルにしけ込む、そのタクシー代、ホテル代もホステスらに肩代わりさせた。店やホステスにしてもツケにしてもらったほうが水増し請求しやすいことから、むしろ伊知地に払わさせないようにした。ホステスとの行為も亜希子と似たり寄ったり、おとなしいものだった。伊知地は挿入感覚そのものよりも女性の肌を愛で、愛撫することを愉しみとしていた。

それはずむずむと容易に膣奥まで侵略する

つっかえているペニスが苦しい

彼がフィニッシュを迎えるのを待ちました

へへへ、お姉ちゃんはずいぶん体臭がキツいっすね。鼻がひん曲がりそうっすよ。うひいいつつつ!私のアソコの匂いを嗅いでいたらしいシンジがいよいよ口唇を動かし始めると、私はその心地良さに何もかも忘れて生々しい嬌声を響かせていました。シンジは包皮から飛び出て戻らなくなった私の急所のツボミを唇に含むと、舌をスルスルとアソコの中に侵入させ浅瀬に出たり入ったりさせて来たのですが、それは処女の私には強烈過ぎる淫技でした。いつしか私はドップリと素晴らしい快楽の海に浸かって、シンジの舌が蠢くままにドクンドクンと大量のラブジュースを噴出させていたのです。-ああっっお、オシリがい、イヤだあつつ、こんなに気持ち良くては、もうとてもガードなど出来ません。

奴隷の方がご不満と思われることがありました

必死で固めていた尻穴の力がいつの間にか抜けてしまい、とうとうおぞましいタクロウの妙に細長い舌がヌル。と体中で一番汚く一番触れられたくない部分に侵入して来ました。ソコは今本当に汚いのです。何しろさっきおしっこを洩らしてしまった時に、少し大きい方も出ちゃった感じがありましたから。そんな所を舐められてしまうのは、死にも勝るような屈辱でしたがそれ故に私の興奮はもう極に達して体がメラメラと燃え上がり、込み上げる快感は尋常ではありませんでした。こうして立ち縛りにされた体を、人の男の子たちの好き勝手になぶられた私は、さらに10回近いアクメに昇り詰めてしまったのです。

 

唇がほつれて差しせまった喘ぎがこぼ長大なものを子宮口まで届かされると

ここでようやく私は鴨居から吊られていた首輪を外されて、着ていた物を全て奪われました。そして男の子たちも皆全裸になったようです。さあ、お姉ちゃん、えっちしようっす!いやーっ!ああ、お願い、それだけは許してっ!首輪は繋がれていなくても後ろ手錠を嵌められた私が、ペニスをギンギに勃起させた男子高校生3人から逃れる術はありません。私はしゃがみ込んで彼らから体を隠すように精一杯丸めて、泣きながら許しを請いまし。もしかして、お姉ちゃん、バージンっすか?そうですっ!だ、だから、もう許して…処女を破ることにはさすがに二の足を踏んでくれるのではないかと思い泣きながら必死で訴えた私の最後の願いはしかし、アッサリと無視された。
子宮底に当たったらしく

体を起こしてすぐさま尻の谷間に差し込んできた

のです。それどころか、私がバージンだと知った彼らは大喜びでした。うっひょおくっ!こんなに美人でおまけにバージンだなんて、マジで超ラッキー、俺スゲ-嬉しいっす!健一には、よく感謝しないといけないなシンジはそう言うとさすがにもう興奮が隠しきれない様子で、私を力づくで仰向けに押し倒すと両手で脚を広げて来ました。それまでにない男の子らしい力強さで、私は悲壮な覚悟を決めないといけませんでした。マサト、お姉ちゃんのロスト·バージ。記念撮影してくれ。

チンチンも何もかも丸出しで

一瞬私の体を激痛がシンジがズブリ、走りました。と言う感じで押し入って来ると、うわ、血がいっぱい出たっす!お姉ちゃん、マジでバージンだったんすね。痛くないっすか?…ああっああ、何と言うことでしょう。痛かったのはロストバージンの瞬間の出血時だけでした。すでにここまで20回もの絶頂をを極めていた私の体はシンジがゆっくりと動き始めるとあっと言う間に良くなってしまい、快楽を貪り始めていたのです。

オーガズムの高みから降ろしてもらえぬ亜由美の苦しげな淫声が

セックス以上の恥ずかしさを覚えてしまったのも当然だったスゲーっすね、お姉ちゃん。俺のチンポが食い千切られそうっすよ。シンジにからかわれても、もう私の体のはしたない反応は自分の意志ではどうにも制御出来ませんでした。と、シンジが体をひっくり返して私の方が上になるように入れ替えて来ました。物凄く気持ち良いペニスがまる。でクサビのようにグサリとアソコに刺さったままで、私はあらゆる抵抗を封じられていました。今度はお姉ちゃんの方が動いて下さいよ。そうそう、その調子…さす。

大量のザーメンはまだ口の中にためたままだっそれから

挿入もされていないのに

アタシ、ションベソしたくなったよ。ラ、口を開けな!ちょうどいい肉便器があるな。オを向き大きく開けた私の口の中に、スカートをめくりショーツをずらして上から腰を下ろした舞華はドボドボと小水を流し込んで来ました。早くしないと顔や制服がオシッコまみれになってしまうので、私はゴクゴクと喉を鳴らして苦くて酸っぱい液体をどんどん飲むよりありませんでした。すみません、トイレに行ってて遅れました。しゃあしゃあとそんな言い訳を口にした舞華を先頭に、私達が数学の授業に遅刻して入ると、みんなの視線が一斉に集中し、誰もそんな格好はしていない超ミニスカの私は、物凄くドキドキして脚がワナワナと慄えすくんでしまいそうでした。早く席に着きなさい。数学の若い男の先生は特に私たちを咎めるでもなくそう言いましたが眼鏡の奥の目が私に熱い視線を送っているのがわかってしまい、私はます。

  • 僕は調教のタイミングを待っていた
  • 真子の唇が肉棒を包みこむ
  • ペニスの海綿体の損傷が激しく

子宮から一気に足首を掴んでいる指先まで及びます興奮して自分の席まで歩く時、フワフワとした雲の上を歩くような奇妙な感覚に囚われました。きっと女の先生なら注意して私にスカートを上げるように言ったでしょう。クラスの女の子たちも私を見ていますが、みんなこれが舞華たちのイジメだとわかっているのです。席に着くとすぐ、私は教科書とノートを取り出して授業に集中しようとしましたが、出来るわけがありません。女の子のはしたない3つの尖りが恐ろしく膨らんでズキズキと疼いているんですから。オナニーはまだ続いています

 

オマンコ濡らしてるのは

教科書を開き、ノートを取るフリをしていても、私ははあとやる瀬ないため息をつき、視線の定まらないウルウルの瞳でぼんやりと中空を眺めていました。もちろん授業など上の空です。い、嫌だ…ああ、た、たまらないい!昨夜から沢山してしまったオナニーをしたい、と体を突き上げて来る欲情に負けた私は本心からそう思ってしまいます。でもここはみんな静かに勉強している進学校の授業中です。一体どうすればいいのでしょうか。まさかここで指を使うわけにはいきません。我慢出来なくなった私は机に突っ伏しました。
さらに鼻先でクリトリスをこねて刺激してくる
肉棒を口に含んださやかの肩に
ああ、いいっノーブラの乳房を机に押し当てると、物凄く気持ち良くなってしまいました。私の席は前から3番目のほぼ中央で、舞華たちは皆それより後ろですから私のはしたない反応を観察して楽しんでいるに違いありません。先生や他の子たちの視線もとても気になりますが、一度味わってしまった快感はトロけるような心地良さで、もうやめられません。私は優等生にはあるまじき居眠りするような格好ではしたない快感を追い求めていました。でももう1箇所のもっと強烈に疼く部分はどうしようもありません。

 

巨大なペニスと違って

私は授業中にまさかこんなことを自分がしてしまうとは信じられないと思いながら、超ミニスカの中に手を入れてしまいました。ところが舞華のはかせて来た。貞操帯。が邪魔になって、火を噴きそうにズキズキ疼いている。部分には手を触れることが出来ないのです。私はもうここが授業中の教室であることなど頭から消え、必死で丈夫な黒革字帯の股当て部分を押したり叩いたりしましたが、わずかな刺激しか得られず泣きたくなりました。でもそのわずかな刺激に集中して、ひどい欲情を我慢しようと覚悟したその時でした。それでは山崎さん。何と先生に当てられてしまいました。

圭介はあやうくジャージの内側で射精しそうになった

隣の子が、当たったよ山崎さんと机に伏せていた私を起こし、当たった所を教えてくれました。その問題を黒板まで出て解かないといけないようです。当たったのは私だけでなく他の子たちはどんどん前に出て答を書き始めています。私も慌てて黒板に向かうよりありませんでした。いざ黒板の前の一段高い教壇に立つと、みんなの視線が嫌らしい超ミニのお尻と大胆に露出した脚に集中するような気がして、私は穴があったら入りたいような羞恥を覚え脚がガクガクと慄えました。