クリトリスを引っ張ったりして

股間には黒い字帯が縦筋にピッチリと貼り付いていたが

そうそう、声も出しちゃ駄目だけど、その拡げてる手をどちらか離してしまってもアウトね奴隷女への条件はどんどん厳しくなる。佳代子は、ふたたびクリトリス、性器の外周、一旦太腿の付け根から膝そしてふたたび性器へとキスの雨を降らあたりまで、反対の膝から大腿、していく何度かびくびくとした反応をみきが示すが、さすがに声はあげないし性器にかかった指には逆に力が入って、左右に拡げられて中がさらに剥き出しになった。一旦、性器の中心部に舌を丸めて突き入れてみる。という音がまた漏れて、激しく体が揺すられたが、それは佳代子の舌がもたらしたのではなく、ノゾミの乳房責めが始まったからだった。あら、おっぱいも随分敏感だこと。これじゃあ十分は到底無理なんじゃな佳代子は舌を抜き、クリトリス責めにかかる。堅く締まった男らしいお尻までずらせ

セックスするだけではいずれ女の子に不満が芽生える

ズボンの股間は痛いほどに膨らむのだ舌をグラインドして、舐め、押し、そしてついばんで、吸った。太腿ががくがくとしてくるのがわかる。ノゾミの方はまだソフトに責めているようだ。一定の時間は見物の男達を愉しませようという意図は当然あるだろう。その意図を察して、佳代子もできるだけソフトを心がけた。それでもみきは充分すぎるほどに感じているのがわかり、佳代子の心の奥底にこれまで感じたことのない喜びがわき起こる。
たしかに私の革鞄は女子高生の体に触れていた

人妻の秘肉には成熟した柔らかさがあったが

頬を林檎のように真っ赤にさせた熟女が
九分経過しました。その声と同時にノゾミが右脚の爪先でチョ。と佳代子の乳房を蹴って合図を送ってきた。吸い方、舐めるときにかける圧力を一気に上げる。グラインドの速度、ぎゃーーーっ、痛いっ、もう駄目っ。い、イク。みきが屈服の叫び声をあげ、が飛び散った。痙攣し、そして佳代子の顔には透明な液体その声は、声を出させないという責めだったこともあり、誰もその一瞬を止めることが出来ず、シティホテルの他の部屋にも確実に聞こえてしまうほどのボリュームだった。はい、一丁あがり。唐辛子拷問決定ね。あら、でもお望みの通り、女の子の顔にお漏らしするってのがいつの間にか叶ってるじゃないの。

高々と尻を上げたままの姿勢だ

奴隷ですから名前はありません
大量の潮吹きに驚いている佳代子の顔を見て、くくくっとノゾミは笑っ。じゃ用意している間、これでおまんこかき回してあげなさい。困惑している佳代子に、男根型の張り型がノゾミの手から渡された。みきちゃん。声だし禁止は二十分間だからね、まだ終わってないわよ。マユミちゃんはがんばってそれで奥までガンガンやって声出させて、私にいっぱいおまんこびんたの愉しみ作ってね。

セックスのことまで含めてよく知っている.していたからだ

股間をピクピクと痙攣させ
実際にはさっきの話だと、百発以上の性器叩きが確定したのだろうと思ったが、とりあえずは手にしたものをみきの股間に突き入れてみる。他人の性器に張り型やバイヴを入れるということ自体初体験の佳代子だったが、それが簡単に出来るほど、みきの性器は潤沢な愛液で満たされていた。これってそんなに辛いの。もっと毒々しい色しているのかと思ったわ。色だけ見ると、かわいい色じゃない。ノゾミはケイジに渡された小さな瓶を見て、みきの性器への張り型の出し入れを続けながら、そう感想を漏らした。佳代子は自分から積極的にクリトリスを舐め続けていたが、ノゾミの声に後ろを振り向くと、ちょうどノゾミはその小瓶の中蓋をはずし、中味を全て小皿の上に振り出したところだった。

オーガズムを隠せない

薄い辛子色とでもいうのだろうか、クリーム色に近いその粉末は、見た。目からは唐辛子と想像できるものではなかった。えぇと、そこの一番大きいあなた。あなた、お名前は。えっ…、ライっす。ライ、ライ君ね。あなたもやっぱりSさん。は、はいまあ一応まだ始めてというか目覚めて数ヶ月っすけど。あら、そうなの。じゃあまだMの可能性もあるわけよね。