かい口内粘膜が亀頭に密着する梨香は徐々にのどの奥までペニスを呑み込んでいった

オナニーしてるなんて正に

それに、たくましくなったモノが、和花の指遣いに反応して、時折、ヒクンと動くのも、花の心を弾ませてしまうのだ。私、まだ、あなたに嫌われてないのよね?あなた、あなた、あなたぁ。和和花の身体は、男の喜ばせ方を、既に身につけ始めている。心の中が、夫への愛情をあふれさせれば、ごく自然にその指遣いは、男を喜ばせる動きを加速させてしまうのだ。和花、亜由美、待ちなさい。無情にも、家元の声がかかれば、和花の、その動きはピタリと止まらねばならない。
ぎゅっと締め付けて乳首を両方とも潰してご

彼女を奴隷のようにしか扱わない

手をゆるめたその中で、男根がヒクリと動き、和花の掌を押した。このまま、この下賤なモノに良い思いをさせる必要なんてないですよね、みなさま?瞬時に、期待に満ちたい日が、家元に集中する。オンナの腰を抱えていた男も、手回し良く、立ち上がった。オ00コからヌルリと抜け出た。男根は、白濁したオンナの秘液を身にまとって、フルフルと揺れる。見放されて突っ伏すオンナは、途中で、それも、オーガズムの直前で見捨てられ、悲しげな悲鳴を上げた。

 

吾郎はクンニをやめると


そこがペニスを刺激し

どなたか、この二人と今すぐ、しちゃいたい方あー今なら、夫の目の前で!のスペシャルサービス付きですよぉ!やりい。瞬時に何本も手が上がった。手を挙げるだけでは飽きたらず、亜由美の前にも、和花の前にも数人の男達が群がる。善人と良識人の仮面をかなぐり捨てた男達にとって、素人の人妻を犯すのも楽しいが夫の目の前で、というのなら、これ以上ない贅沢なのだ。そんな体験は滅多にできない、と男達誰もが思ったのだ。もはや、男達に品性とか常識と言った言葉はなくなっている。家元が次々と提供してくる。ごちそう。を味わいさえすればいいのだ。家元のやることなら、おいしい話に違いない。
これから細川の奥さんのアナルを犯すのかと思うと

尻のおかげでと、いつの間にかすり込まれていた。お清めの香の匂いに、誰一人気付いていないのも、少しずつ、少しずつ。慣らされて。きた結果に過ぎないのだ。で家元が、にこやかに見守る中で、男達は、じゃんけんな、じゃんけん!いやあ、これは、年功序列。そんなぁ、しかし。やっば、じゃんけんがいいだろお。和花と亜由美の前に集まっていた。真剣な顔をして、順番決めがまるで、小学生の男の子が給食のおかわりを奪い合うように、始まる。
奴隷のおまんこにめりこみました
奴隷のおまんこにめりこみました

乳首も少しずつ十四歳で一度

なおも萎んだペニスを愛撫しながらじゃんけん、ぽん!あいこ、で、しょ。やったぁ!オレ、オレね、オレ、オレ、オレ。無邪気に男達がはしゃげばはしゃぐほど、の気持ちは、深海へと落ち込んでいく。なまじ、愛情を込めたキスをした直後だけに、男達の騒ぎは、自分たち夫婦への愚弄だと思い知らされてしまう。しかも、その。によって、和花は、淫らな。オンナ。にならねばならぬのだ。愛する。夫の目の前で。この後、快楽のハレンチな姿態を演じさせられるのはわかりきっていた。
セックスの時も下着をいろいろ工夫していた

ペニスを受ける資格はないんだってさ深く入れたり

絶望と引き替えに与えられる、無上の快楽。和花の、いや、生け贄達の絶望こそが、男達にとっては、最高の楽しみ。人間の尊厳を楽しげに踏みにじることこそ、ここでしか味わえない喜びなのだ。囲んだ男に冷やかされながら、中年男の手が和花に伸びる。薄い肩をつかまれて、和花は、男の腕の中。脂ぎった唇が寄せられる。和花は目を閉じて受け入れる顔を作らねばならない。

唇で亀頭を摩擦する