セックスに目ざめた奥さんだったら

勃起したペニスは湯の表面から飛び出している

むしろ、結婚以来、邪魔する者のない週末は毎週、激しくしてしまうほどだったのだ。それが、つわりが始まって以来、ピタリと無くなった。女というのは、妊娠すると、どうしたことか、時々、性欲がひどく強くなる場合がある。かながまさにその一人だった。おまけに、特に安定期に入ると、身体は敏感になるし、つわりの苦しさもなくなるから、実はセックスしたくなる女性も増えてくるのだ。香奈も、ご多分に漏れず、その口だ。夫が欲しくて仕方がないのだがつわりの時期を超え、お腹の大きな香奈を見て、夫はすっかり性欲を無くしてしまった。
乳首の先っぽを脱脂綿で拭っていた

白い尻がうねる動きまで見せ始めるのです

魅力的なオッパイだって、こんなに大きくなったのに、さかいえないが、セックスのことだけは、少しどころか、奈なのだ。と優しい夫にま大いに不満な香その香奈の股間を、男の指が、もぞもぞとうごめいているのだ。ああ、あなたが構ってくれないからいけないのよ、あん、感じちゃう。う、そんな場合じゃないのにぃ。もさすがに、指が侵入することはないが、頻りに、大陰唇をかき分け動いているらしく、クリトリスに偶然指が当たると。という仔犬のような声が我慢できない。指先だけの動きなのに、背中がゾクゾクして、うな、思わぬ快感が湧き出していた。

 

射精には十五点が加算される


挿入したローターも抜いてやらず

腰から溶け出してくるよ香奈は、息を詰めて両手で口を押さえている。反応を見せないようにと、もはやムダとも言える努力をしながらも懸命だったのだ。しかし、抵抗も空しく、いつしか、両手に力が入らなくなっている。あん、あう、あう、あん、あん、あん。両手は、いつのまにか豊かに膨らんだ胸を覆い隠すように、うごめいている。見ようによっては自ら揉んでいるいるようにも見えるだろう。
下着の替えを持って歩いているはずもなかった

オマンコとお尻の穴が気持ちいいって言うんだ膝を開きすぎたら恥ずかしいという気持ちが、いつのまにか吹き飛んで桜木の指を求めるかのように広がりきってしまう。あううう。はっきりとした淫声が何度ももれてしまったその時に、抜かれた。ああう、あ、え?ふっとその指が一瞬、もっと、と言いそうになってしまった自分に、香奈は、真っ赤になる。指が外されて、初めて、自分がこれからケ。サするのだと、思い出せたのだ。さ、準備ができました。オシッコをしてください。桜木の手が、股間に差し出されていた。
調教させるつもりなのだろうと
調教させるつもりなのだろうと

マンコの穴が……き

フェラをさせられた主婦はなんと言わされていたんだっけ今、採尿器をこちらに当てています。シッコを、さあ、早く。あの、でも、かかって。このまま、ほんの少しで良いからオ採尿気というのは、このコップのことだろう。どうみても、100均で、売っているプラカップに見えるが、そんなことを考えている余裕はない。このまま、オシッコしたら、かかっちゃう。第一、こんな風に見られた。人前でオシッコするなんて、恥ずかしいコトなんて、できない、と香奈は思った。
アナル舐めとフェラを始める

膣の奥深くに

しかし、桜木は、平然としている。大丈夫です。私たちは仕事ですから。それに、ここは寒いですから、あまリここにいるのはお腹に良くないです。早くしてください。お腹に良くないと言われれば、それは最大の弱み。いが、人前でオシッコをするなんて初めてだ。でも、病院の人だもの、検査するんだから。ハイと肯いたのは良神妙な顔で、自分の股間を見つめている桜木をみて、香奈は、なぜかいっそう恥ずかしくなる。

膣穴にローショ