これから細川の奥さんのアナルを犯すのかと思うと

乳首の陰影が浮いていた

どちらわたしにとっては凶器に見えます。さっそく試してみよう。その前に風呂入ってメシだな。夫は鼻歌まじりで風呂へ行きます。あの条件付きの許可を得た月曜日の夜以降、夫は変わらず会社へ行き、遅くまで仕事をし、わたしを抱いて寝はす。昨日も抱いてくれました。子作りは本気のようです。彼に抱かれるとすごく安心できて、わたしも休まる反面、そこには縛られて自分が自分ではないような感覚の中、みんなから責められているような興奮はありません。まるで感じないわけではないのです。ただ、別物ということです。

衝撃的なオーガズムを感じてしまったのだ

すごく心が痛いのは、彼に抱かれてうれしいときに、本当にわたしは夫が好きなのだとわかることです。彼以外の男性との関係は考えられません。この夫婦関係の大切さをあらためて強く思うので、余計に、縄奴隷なわみ、という存在が申し訳なく感じてしまうのです。こんなわたしを愛してくれる人に、絶対に迷惑をかけるわけにはいきません。お義兄様。教えてほしいことがあるんです。思い切って金男に聞いてみます。哲次さんは、どうしてあんなに平気でいられるんですか?愛する妻が、他人に縛られて裸にされて、写真を撮られている。

 

挿入してしまそれなのに

いる絵なのです。怒り狂ってもいいはずです。どうしてだと思う?それも、責めさいなまれてザーっとお湯を浴びている音がしています。わかりません。これを言うとおまえは怒るだろう。だから、いまは言わない。どうしてですか。いずれ教えてあげるよ。みんな意地悪です。吹雪さんとは正式な契約をし、深川先生、赤岩とも週末に撮影したものについての契約を交わしています。
エッチな声で

緒方はわざとらしくピチャピチャと卑猥な音をたてて処女の果芯を嬲りつくした

金男がすべてやっています。吹雪さんたちは、出版社の持っているアダルトサイト会社で、わたしのページを作り、定期的に発表しながら、いくつかのブログを作るなどして、浸透させていこうと考えているようでわたしはあれからは、彼らとは会っていません。貞操用の器具ができるまでは、撮影はしないと夫と約束しているからです。夫に拒否されたり、叱られたり、最後にはこの家から追い出されたらと思うと、絶望的な気持ちになります。毎晩のように、とくに変わったこともせずに淡々とセックスをしていても、わたしはその儀式が、儀式だからこそいいのだと思うのです。突出した快楽ではなく、快楽がないこともない。

射精はせずに

だからこそ、安心できるし、深く感じることができるのです。縄は、衝動的に自分の黒い部分をさらけ出してくれるのですが、そこで得られるドロドロの快楽は、わたしの中では夫との関係とはまったく相容れないのです。純粋にわたし個人の中だ。けにあるものです。誰とも分け合えないもの…。兄貴は入らないの?半裸で出て来た哲次は冷蔵庫から炭酸飲料を出して飲みます。じゃあ。金男も風呂に入ります。夫と二人になりました。なわみ、か。

肉棒が谷間に少しずつ挟まっていく

マゾヒスティックな快感がサディスティックな悦びに変わっていたのだフェラチオでの刺これまでと少し違う目でわたしを見ているような気がします。いいな、女の人はポツリと彼が言って、ニッコリ笑うのです。どうして、ですか?裸になることで、評価されるじゃないか。男で裸になって評価されるのはほんの一握りの鍛え抜いた人ぐらいだ。だけど女性の場合は、みんながみんな。ミロのヴィーナス。