は射精してくれました

弾むように波打ってる連続してペニスをたたき込み

でも人を外見だけで判断してはいけません。町田先生は教員としてもどうなのか、とその資質を疑ってしまう先生でした。やる気のない無気力な授業で、生徒は居眠りしたり私語をしたり、全然授業が成立していないのです。そのくせ放課後教員室で私を1対1で指導する時は妙に丁寧で時間が掛かり、なかなか帰らせてくれませんでした。それに私は嫌なのに体を伸ばして話されるので体臭が酷く、本当に鼻を摘まんでしまいたいような気分だったのです。だけど熱心な先生なんじゃない?俺の先生なんかスゲえアッサリしててえ、これでもういいの?って感じだったけどね。

亀頭部を中心に

その方がいいって。マジで勘弁して欲しいよ、あの先生。おかしいな?実習は大変だろうけど、先生の言う事をよく聞いて真面目にしなきゃ、って俺に説教したのは千寿ちゃんの方だけど。とにかくこの2週間は嫌な先生でも我慢しなきゃ。生になれないぞ。そうだね。いい成績貰わなきゃ先とても正ちゃんには言えないよね、あんな事町田先生の外見や体臭についても愚痴をこぼしてはいけませんが、彼には絶対言えない一番嫌だった事は、彼氏はいるのかと先生にプライベートについて聞かれた事。おまけに、いませんとウソを吐いたら、何と夕食を誘われてしまったのです。

 

オマンコがつながったまま

それも、まだまだ話したい事があるから付き合いなさい、と立場を利用した強引なものでした。もちろん体よく断り何とか逃げて来たんですけど、私の気分は最低で彼に愚痴をこぼしたくなるのも仕方がないと思います。な、何コレ…体が熱いよ正ちゃんと話しながら夜道を歩いている時でした。何だか妙なズキッと言う甘い感触を下腹部に覚えてしまった私は狼狽してしまいました。そして思わず彼にしなだれ掛かり腕を組もうとしたのですが、正ちゃんはなぜかそれを拒否します。
下半身がそうだった以上

風呂上がりで無味無臭だったペニスが

駄目だよ。どうして。生徒に見られてるかも知れない。そんな…考え過ぎだよ。千寿ちゃんカワイイからさ、男子の中じゃきっと評判だぜ。跡を付けてる。奴がいてもおかしくない。俺と付き合ってるなんてバレたら、一大スキャンダルになってまずいだろ。まさか。それなら正ちゃんだって。残念ながら俺はまるでモテないから大丈夫だ。千寿ちゃんはもっと自分を知って気を付けなきゃ。

調教した時の事を思い出させてくれた

俺は心配なんだよ。うん、わかった。いつもはひょうきんな正ちゃんが真剣に言ったので、私も素直にうなずき彼から離れました。彼との関係は誰にも知られてはいけないと、大学の先生にも注意されてましたし。自惚れだと言われそうですが、私の容姿は人並み以上だと思います。色白で黒髪ロングストレートヘアなので、よくお人形さんみたいだと言われますし、背も高い方で今着てる黒いスーツも似合ってると思います。それに比べて正ちゃんは男としては小柄だし、スーツがつんつるてんで場違いに見えてしまいました。

あん突き出た乳首をパクリとくわえ

お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て顔もお笑い系でモテそうにはありませんけど、面白いし優しいし、それでいて根は真面目で頼りがいのある、私にとっては最高の彼氏なんです。ああ…私のアソコがキュンキュンしてる!正ちゃんを欲しがってるのかしら?信じられない…さっき感じた下腹部の異常がますます膨らんで、そんなはしたない事が頭に浮かんだ私は赤面してしまいました。私はまだ正ちゃんに体を許していません。それどころか、実は男の人と経験した事すら一度もないんです。なのにどうして、アソコが彼を欲しがってる、なんて思ってしまったんでしょう~。何だか顔が赤いよ。トイレに行きたいんじゃないの?食事屋に着いた時そんな事を言われた私はますます真っ赤になって、逃げるようにトイレに向かいました。

そのままいざり寄り腰の上に彼女の尻をのせた目の前に男が陣取っている

屈辱と快感が混じり合って人妻を別の世界へ連れ去ろうとしている

横からリキの罵声を浴びながらというのも、樹の姿が映っている。立ち上がっている。何よりも、実は、何とも嫌な感じだった。目の前のモニタには、リキに気を遣っているのだろう。座っても大丈夫なはずなのに、今は、ローブは確かに緩むが、後ろ手ではめた手錠は外れはしない。時折、ヒクリと腰をうねらせるのは、挿入されたバイブが、樹のオンナを責め苛んでいる証拠だった。

  • 尻に当てがい
  • いきなり無骨な指先が挿入されたのだ
  • 射精をしたと行っても

男根がついてい手元のスイッチを触るのが見えた瞬間ベルトで固定してあるから、いくら腰を振っても抜け出る可能性はない。まだ、懸命に、感じまいと努力をしていたようだが、いくらも保たないだろう。一度感じ始めれば、オンナはまともに立っていられなくなる。オーガズムに襲われ、その度に、首の絞まる感覚が襲い、快楽と死の恐怖の狭間でのたうちまわるはずだった。ひょっとして、器用に、立ったまま逝くかな?接待奴隷なんだろ

 

チンポを握り締めてルンルン状態なので

しかし、家元はともかくとして、松本には、オンナの首が絞まるのを楽しんで見ている趣味はない。かといって、一度立たせた男根をそのままにしておく手はなかった。まあ、誰でも良いんだがちょっと考えたあとで、結局、昨日、何事かを言いかけて中断した、亜由美を呼び出した。ああ、だ、抱いてくれるのですか。部屋に現れた亜由美が、いきなりしなだれかかってきたのには驚くしかない。やはりこれまでとは態度がまるっきり違っている。
下半身から発生するものが多い
バイブを持ってきてぐちょぐちょになった彩子に押し込んだ
ネットリしたキスをせがんだ後で、自ら、着物を脱ぎ始める。つやつやしたボディに指を、っと、滑らせただけで、吐息に甘いものを混じらせてくる。すごいな。ああ、おっしゃらないで。すもの。だって、だって、昨日は途中だったし。あれから、誰も来ないんでそう。昨日は、いよいよこれから、と言うところで家元に呼び出されてしまった。

 

人妻が手もなく性

こういう、気まぐれな呼び出しは、良くあることだ。だから、松本の方は、出すだけ出したが、亜由美は取り残されてしまった。亜由美のオ0。コを使うだけ使った。オナニーのようなセックスだったのだ。もちろん、その時、亜由美は不満を口にしなかったが、やはり、ここに来て開発されたオンナが、疼くのだろうと、松本は一人ニヤつく。昨日、亜由美が言いかけねっとりとしなだれかかる亜由美に、女が色濃く出ている。

クンニリングスの次はいよいよ本番だから

たことが気になった。ところで、あん時、言いかけたことがあったみてーだが。ああ、あれ、はふ、なんでも、はふっ。ふと、松本が要求する前に、ジーンズを勝手に降ろした亜由美は、がっついた様子で男根にしゃぶリついている。これほど飢えた様子を見せられると、逆に、いじめたくなるのが、松本のクセ六--六。ふん、がっつくな。ほら、言って見ろ。ニヤニヤとしながら亜由美を亜由美の頭を抱えて、しゃぶっているモノを吐き出させると、覗き込む。あきらかに、亜由美は興奮した表情だ。ほら、言えって!

ペニスを根元まで一気に咥えてくる

アソコから漂わせているのである

久美もなだめようとするが、恭子さんはもう慣れっこになってしまった。俺や久美だけでなく、麻里に排泄を見られる事に強い抵抗があるらしい。するとさすが鈍感な麻里もそれに気付いてズカズカとやって来ると、俺が静止する間もなく強烈な往復ビンタを恭子さんの両頬に炸裂させた。クソをひり出す所をアタシには見せられねえってのか!ナマイキだねだいたい奴隷の分際でご主人様に逆らおうってのが間違ってんだよっ!まあまあ気持ちはわかりまんがな、手荒なマネは避けてぇな俺は一瞬麻里の狼藉を取り押さえて怒鳴りつけてやろうかと思ったが撮影中だったと思い直して努めて穏やかにたしなめた。何を始めたのかなどすみれが髭面カメラマンの股間に顔を伏せる

例えば股間にかがみこんだとして

お尻をパーだが、麻里のビ。タを喰らった恭子さんは、涙声でこんな口上を述べてしまう。目隠しの下から何か液体が光った気がするが、初めて受ける乱暴な扱いに相当うろた。えているのかも知れない。それは俺が教えてやった事すらないのに、自然と出て来た完璧な奴隷言葉であった。ご、ご主人様。嫌らしい恭子のお尻に、お、お浣腸して下さいませ。とっととケツを突き出すんだよ!--どうもやりにくうて敵わんなちったあ黙っとらんかい、このア。
つっかえているペニスが苦しい

アナルは簡単に受け入れてしまいます

初めてのキスだあゆみのマンコにたかしの指が2本入る
さ、奥さん、オテテは背中やでギャーギャーとヒステリックにわめく麻里だが、撮影中と言うタテマエもあり、黙っておけと叱りつけるわけにもいかない。俺は少々閉口しながら、この毒婦は無視していつも通り事を進めようとまず恭子さんの両手を背中に回して縄緊縛する。そして長身を前屈みにして大人しく突き出された恭子さんの蠱惑的な巨尻の狭間に、用意していたプラスチック製注射器のノズルを当てがった。すると麻里がいるせいか緊張した様子の恭子さんが辛そうに呻く。体の力を抜くんやで、奥さん。そないに固うなっとったら、痛いだけ。

射精して貰って町田先生の悪夢を追い出したい一心になってしまいました

ペニスは画面の中の娘が見慣れた女であるにも関わらず
そうよ、恭子さん。私が手伝ってあげるわね。冷たい注射針がアナルのすぼまりに当たっただけでビクッとして声を上げる恭子さんに、久美が横から手を伸ばして胸と股間をまさぐり緊張を解きに掛かる。まあいつもの事だ。あら?イケない子ね、もうこんなになってるじゃない、ウフフ…。お前、どっかれて感じたんだな。ち、違いああっっ!!久美は優しくソッと恭子さんの快感ポイントである乳首とクリトリスを摘んでやったのだが、これがスムーズに浣腸を施すテクニックで、急所を女の細指で弄られるとその心地良さがアナルの緊張を弛緩させるのである。

愛撫を弛めることなく

ペニスの先端まで抜けてくると
そしてどうやら麻里にまでからかわれた通りで、強烈な平手打ちを喰らった恭子さんは興奮して恥ずかしい尖りをすっかり固くしてしまっていたらしい。巨乳の先端の蕾、そして股間のポッチリまでアッサリ探り当ててしまった久美も、驚いた口調で恭子さんの発情ぶりを指摘する。いうになく狼狽した恭子さんは、そんな反応を示してしまう自分のマゾっぷりを否定しようとするが、久美が指を動かし始めたのに合わせて俺が軽くプラスチック針をズブリと挿入しただけで、あられもない嬌声が迸り出る。ここまで激しく反応してしまうのは、麻里の存在とこの毒婦に痛め付けられた。のが原因としか考えられない。アカン。奥さんはもうイジめられて歓ぶどMに調教されちもう観念して、思う存分イキまくりなはれ1ーこら、まったんや。

愛撫にすっかり馴染んでしまった体をどう処理していいか美穂には分からなかった

麻里の乱入でどうなる事かと思ったが、すっかり被虐体質に染まっていた恭子さんには心配無用だったようで、癪に障るがいつもよりド派手に乱れて恥ずかしい痴態をカメラの前で晒してくれそうだ。俺がままよと、注射針をズッ、ズッ、と打ち沈めていくと、その度に感極まったような悲鳴が上がる。そして、チュルッチュルッと痒みを誘発する刺激薬入り特製浣腸液の注入を始めると、その悩ましい感触に恭子さんはじっとしていなければならない桃尻をブルッブルッとおののかせて完全なよがり声を発し窮状を訴えた。今や触れられただけで目がかすむ程感じてしまう、久美の指による急所の豆弄りもひどく応えているようだ。イッチャイそおくっつー!だ、ダメですうつつ、浣腸されて気をやるのかよ。

すこぶる刺戟的で痴漢がやみつきになっている宮川にとって

仁浩一ならおよそ考えもしないだろう愛撫に濡れた

おかげでペニスの強烈な勃起も1日中治まってくれず、いずれは外部からの刺激でも射精してしまうかも知れない。それでは禁欲を強制する貞操帯が無意味となる気もするが、そんな事は調教される立場の奴隷である俺が気にしなくても良い。全く気楽な身分だ。お舐めっ!そして奈々様が一日はいておられたソックスを口に突っ込まれると、むせるようなキツイ刺激臭に俺は又もやウットリしてしまう。奈々様はバレーの練習時もはいておられたのだろう、汗がタップリ染み込んだ布地は加齢臭の酷いオヤジがはいていたのかと疑われるくらい悪臭紛々たるもので、それがどMな俺をこよなく陶酔させてくれるのだ。清純で潔癖な少女だと思っていた奈々様は、嬉しい事にSの素質があられたようで、催眠状態に入るとこうして俺をビシビシと責めて下さる。
接待奴隷なんだろ

ペニスがヒップに隠れると同時に真紀がかすかに呻き

きっと俺と奈々様は父と娘というギクシャクした関係などでなく、マゾヒストとサディストとして結ばれるべきだったのだ。このように隠れていた。本当の人間性を回復させて下さる、ご主人様の催眠術の何と素晴らしい事。ねえタカシ、アタシのパンツ見て興奮してる?わんわん!ナマイキなんだよっ!再び強烈な金蹴りが決まって、俺はとうとうもんどり打って倒れてしまう。この痛みもどMな俺には心地良いばかりで、もし貞操帯がなかったら間違いなく射精に導かれていただろう。

 

膣口の位置と役割を教えてくれた


ひんやりとやわらかな膨らみの頂点で乳首だけが硬く尖りきっています

そして犬のように無様な四っん這いになった俺の頭に、奈々様の爪先が置かれた。今日さぁ生理だからパンツ脱げないんだよね。アタシの血、飲んでみる。かい?タカシ。くうっん。どうして飲めないのよ!実はまだ女性の生理血を飲んだ事はなく、つい正直に答えてしまう。奈々様はそんな不甲斐ない俺の頭を何度も何度も踏みつけて下さったがそれは俺の中に眠っていたマゾ願望をこよなく刺激してMの歓びに浸らせてくれるばかりだ。
お尻の穴まで見えちゃつてます

男根が一気に美穂の奈々ちゃん、奈々ちゃん!ママ邪魔しないで。こんなブタ野郎…。パパが帰って来たわよ。車の音でわかったのだ。すると千恵利様のみならず、奈々様も玄関に向かわれた。この家の主佐々木俊夫様のお出迎えである。トシ君、お帰り。玄関先から千恵利様の明るく弾んだ声が聞こえる。
セックスレスどころではなかった
セックスレスどころではなかった

ビデオの最後に映っていたフェラチオシーンの衝撃が大きすぎてそんな簡単なことにも思

処女の部分に押し入っていくきっとご主人様にハグしてキスを迫っておられるのだろう。昔を思い出した俺は、少しだけ感傷に浸った。あれはあれでそれなりに充実した日々だったような気もする。もちろんドMな本性に忠実に生きれば良い今の幸福には比べるべくもないのだが。ご主人様はよく俺に言われる。お前が羨ましいぜ。
拘束された夫を痛め付けると脅された

奴隷にもよるでしょうけどまぁ買われるという

余計な事を一切考えないでいいんだからな。俺なんか仕事は辛いし、家のローンは返さなくちゃならない。千恵利は浮気しないか心配だし、奈々の進学も不安だ。そうだ、増田。催眠術を解いてやる。から俺と交替しねえか?もちろんそんな冗談に心を動かされる事はもうない。ご主人様がリビングに入って来られると、千恵利様はさっそくひざまづいてご主人様のズボンを下ろし、生尺奉仕を始める。もうママったら。あら奈々ちゃん、ヤキモチ妬いてるの?でも順番だからね。

それはまさしくフェラチオの顔

ピストンの動きを早めた

ペニスが激しくしゃくりあげた

そうしてからすぐに下がり、全く味の感じられなくなった弁当を無理矢理胃に流し込む。娘はショックですすり泣きから号泣へと変わって、もうとても見ちゃいられない感じになって来た。これまで見たこともない俺の激しい行動に、ユウイチもビックリ仰天していた。激しく泣き始めた娘におろおろしながらも、火の出るような俺の平手打ちの気持ちが伝わったか、懸命に娘に話し掛けていた。お母さんは女手一つでまなみちゃんを育ててくれたんでしょう?あったのか知らないけど、お母さんの気持ちもわかってあげなきゃ。反りを打った擬似男根が猛々しくせりだしているのだ

ペニスをゆっくりと出し入れし

セックスっていうものがあるのは知ってましたけどもう子供じゃない、立派な大人なんだからさ…何が君は何ともいたたまれない空気の中で、ユウイチの説教はこんこんと続いた。HMし、それじゃ今から楽しい電車ごっこだよユウイチが努めて楽しそうなノリでそんな事を言うと、ケンジからリクエストのあった。痴漢プレイ。を楽しむために、マナミににじり寄って行った。俺の突然の強烈な平手打ちと、それに続くユウイチのただたどしいが懸命な説教は、この親不孝な家出娘の心を意外に揺さぶったようで次第に泣きやんだマナミは親に感謝することの大切さを切々と説くユウィチに向かって、しゃくり上げながらハッキリ。ごめんなさい。と口にしたのだ。俺はケツがむずがゆくなるような居心地の悪さを感じていたが、結局彼女は父親の愛情に飢えていたわけだ。
セックスに目ざめた奥さんだったら

ふたたび男のものにフェラチオを行いはじめた

男根に貫かれたまま
母親のアサコは父親のいないハ。デを埋めようと、きっと厳しくしつけたに違いない。が、その結果が家出して、暴力団の事務所で陵辱を受ける羽目になった哀れなマナミの姿だ。が、ここで引き返すわけにはいかない。ようやく心を開いたマナミに再び被虐の歓びを煽るボーレギャグを嵌め、後は二度と家出しようなどと思わないよう、とことん女の快楽を味わわせ、性の歓びにのた。うち回らせてやるのだ。イカせ屋。の父親としての、この子への罪滅ぼしだ。マナミちゃんは満員電車に乗りました。すると後ろから男の人が何か押し付けて来たのです。

膣壁が強引によじられ

子宮が押し上げられてお腹が苦しい
ユウイチはマナミの背中にピタリとすり寄ると、又もや若さに溢れる勃起ペニスを手錠の嵌った手に握らせる。すっかりこのプレイが気に入った。ようだが、マナミは嫌がるそぶりも見せず、自分からしっかりと両手でユウイチのナニを握り締めると、もう諦めたかのように羞じらいながら顔を伏せた。表情はわからないが。よし、なかなかいい感じだぞ。満員電車で動けないのをいい事に、痴漢がおっぱいを触って来まし大Sユウイチの手がだらしなく緩んだマナミの胸元に侵入する。そして痴漢にしては大胆に、ブラのホックを外してむしり取ると、両手で乳房をム。

オマンコ気持ちいいですぅ

オマンコシテモラウトキハ
ズと掴む。馬鹿野郎、もっと優しくしねえか!俺はまるで娘の初夜を-めている父親のような倒錯した心境に陥り、ユウイチの下手くそな愛し方がマナミを冷めさせてしまわない事を祈るような気持ちだった。そんなに鷲掴みにしたら、痛がるじゃねえか!もっと優しくソフトに弄ってやれば乳房への愛撫だけで女を歓ばせ、絶頂に導いてやる事さえ可能だって言うのにああ、もう見ちゃいられねえ!俺はたまらなくなってなるべく気配を殺しながら立つと、ユウイチにおっぱいを強く握られて辛そうなマナミに近寄っていった。無言で目配せをすると、ユウイチの片手に替わって俺の手がマナミの片側の乳房をまさぐる。立派に成長した汗みずくの豊かな膨らみに感激しながら、頂点の実をまずソッと摘んでやると、既に半分固くなっていたツボミがあっと言う間にグンとそそり勃ち、弾力のある石のようにプリプリになって行った。んんっつつ。俺のホンのワ。タッチで悩ましい淫声をくぐもらせるマナミを見たユウイチは、形だけでも俺を見習い、膨らみを離して乳首をソフトに摘みしげて行った。

乳首に注意が及んだ

そうだ。あくまで優しく愛情を込めて弄ってやるんだ。そして声が出るのを我慢出来なくなるくらい女が感じてしまったのを確認してから、ゆっくりと刺激を強めて行くんだぞ。俺はマナミの乳首をしばらく撫でさすりコロコロと転がしてから、おもむろに乳房全体に手を掛けた。両手を使えねえから、人差し指と中指でキュッと先端を摘んでやってからゆっくりと膨らみを揉みほぐしに掛かる。まだ成人前とあって弾力十分の若さに溢れながら、女らしい柔らかさを併せ持つ素晴らしい乳房だ。

セックスに目ざめた奥さんだったら

勃起したペニスは湯の表面から飛び出している

むしろ、結婚以来、邪魔する者のない週末は毎週、激しくしてしまうほどだったのだ。それが、つわりが始まって以来、ピタリと無くなった。女というのは、妊娠すると、どうしたことか、時々、性欲がひどく強くなる場合がある。かながまさにその一人だった。おまけに、特に安定期に入ると、身体は敏感になるし、つわりの苦しさもなくなるから、実はセックスしたくなる女性も増えてくるのだ。香奈も、ご多分に漏れず、その口だ。夫が欲しくて仕方がないのだがつわりの時期を超え、お腹の大きな香奈を見て、夫はすっかり性欲を無くしてしまった。
乳首の先っぽを脱脂綿で拭っていた

白い尻がうねる動きまで見せ始めるのです

魅力的なオッパイだって、こんなに大きくなったのに、さかいえないが、セックスのことだけは、少しどころか、奈なのだ。と優しい夫にま大いに不満な香その香奈の股間を、男の指が、もぞもぞとうごめいているのだ。ああ、あなたが構ってくれないからいけないのよ、あん、感じちゃう。う、そんな場合じゃないのにぃ。もさすがに、指が侵入することはないが、頻りに、大陰唇をかき分け動いているらしく、クリトリスに偶然指が当たると。という仔犬のような声が我慢できない。指先だけの動きなのに、背中がゾクゾクして、うな、思わぬ快感が湧き出していた。

 

射精には十五点が加算される


挿入したローターも抜いてやらず

腰から溶け出してくるよ香奈は、息を詰めて両手で口を押さえている。反応を見せないようにと、もはやムダとも言える努力をしながらも懸命だったのだ。しかし、抵抗も空しく、いつしか、両手に力が入らなくなっている。あん、あう、あう、あん、あん、あん。両手は、いつのまにか豊かに膨らんだ胸を覆い隠すように、うごめいている。見ようによっては自ら揉んでいるいるようにも見えるだろう。
下着の替えを持って歩いているはずもなかった

オマンコとお尻の穴が気持ちいいって言うんだ膝を開きすぎたら恥ずかしいという気持ちが、いつのまにか吹き飛んで桜木の指を求めるかのように広がりきってしまう。あううう。はっきりとした淫声が何度ももれてしまったその時に、抜かれた。ああう、あ、え?ふっとその指が一瞬、もっと、と言いそうになってしまった自分に、香奈は、真っ赤になる。指が外されて、初めて、自分がこれからケ。サするのだと、思い出せたのだ。さ、準備ができました。オシッコをしてください。桜木の手が、股間に差し出されていた。
調教させるつもりなのだろうと
調教させるつもりなのだろうと

マンコの穴が……き

フェラをさせられた主婦はなんと言わされていたんだっけ今、採尿器をこちらに当てています。シッコを、さあ、早く。あの、でも、かかって。このまま、ほんの少しで良いからオ採尿気というのは、このコップのことだろう。どうみても、100均で、売っているプラカップに見えるが、そんなことを考えている余裕はない。このまま、オシッコしたら、かかっちゃう。第一、こんな風に見られた。人前でオシッコするなんて、恥ずかしいコトなんて、できない、と香奈は思った。
アナル舐めとフェラを始める

膣の奥深くに

しかし、桜木は、平然としている。大丈夫です。私たちは仕事ですから。それに、ここは寒いですから、あまリここにいるのはお腹に良くないです。早くしてください。お腹に良くないと言われれば、それは最大の弱み。いが、人前でオシッコをするなんて初めてだ。でも、病院の人だもの、検査するんだから。ハイと肯いたのは良神妙な顔で、自分の股間を見つめている桜木をみて、香奈は、なぜかいっそう恥ずかしくなる。

膣穴にローショ

たしかに私の革鞄は女子高生の体に触れていた

マンコを晒されていた

階級への尊敬とは違った光を帯びた目は、真摯な眼差しで、石松を見つめている。外の光がまぶしい。長い日になりそうだな一人つぶやき。石松に、立ち番が、いきなり脚をそろえて敬礼した。ひらりと敬礼を返しながら、石松は、心の中で二人に頭を下げていた。んその五十脱出。亜由美さん!思わず、叫んでいた。

  • びく引きつるペニスが樹液を吐きだしている
  • 肛門から粘糸を引いて抜けて出た
  • ペニスや一般的な太さの

フェラチオ奉仕するのが苦痛になった地下牢から上がってきたリキを見たその瞬間、亜由美は、一瞬だけ、嬉しいという表情をして、すぐに、まるで、昼間に幽霊でも見た表情へと変わってしまったのだ。歓喜と驚愕と、そして、絶望がないまぜになった白い貌に、悲しみを浮かべてから、クルリと振り向いて逃げ出してしまったのだ。振り向く刹那、確かに亜由美は何かを言おうしていた。その亜由美の唇は。ごめんなさい。と言おうとしたのだと、牧野には見えた。見送る石松には。あなた。と言おうとしたのだと見えた。ペニスに甘えてるえっちで幼い女の子みたいで

 

彼の手や唇で巧みに愛撫されると

悲しげな目で、亜由美、とつぶやいたが、石松は、それを追おうとはしない。僅かに、リキは首を振った。リキには、亜由美の苦悩が、いや。リキを苦しめた。と思い込んでいる亜由美の苦悩が、手に取るように伝わったのだ。今、何と言葉を掛けても、それを受け止めてくれるとは思えなかった。リキは、あきらめと苦悩を振り払い、神話を題材にしたギリシア彫刻のように、その胸を張った。
人妻でもあり母親でもぁ
彼女を股間から離した
良いんだ。まず、電話をどこかで。それと、広間のこっちが出口だ。おまえさんは、お姉さんを連れて早く逃げろ。おっと、まず、服が必要だな。リキは、ここに来た日に記憶した内部構造を、できる限り思い出そうとしている。しかし気がつけば、三人ともが、裸のままだった。それに気がつかないほど、緊張していたのだ。

 

すでに先端に露をは圭介は急いで下着を脱ぎ捨てると

樹が、思わず、その豊かな胸を腕で一瞬、隠してから、諦めたような表情でひとつ瞬きする。と、その腕は、さりげなく降ろされた。もちろん、リキも、弟も見ようとはしないが、樹は、今さら、隠す方がおかしいと思えてしまったのだ。リキの目の前で、死を前提としながら、オモチャに逝かされてしまった樹は、自分のオンナが厭わしかった。しかし、弟が、今まで見たことがないほど。精悍な顔つきなのが、救いになっていた。その上、自分の醜態を見たはずのリキが、自分の身体を見ようともしない優しさを、樹は、感謝とともに、身にしみて気がついていた。

レイプされまだ帰京していなかった

おかしいのだ。樹は、その小さな身体で、その二人の前で、いまさら身体を隠す方が杯息を吸っていた。しかし、亜由美さんも、和花も。精一牧野は、自分だけ逃げろと言われて、簡単に承伏できるわけがない。そっちは任せろ。おめえさんは、逃げて、早く通報しろ。110番だ。あれなら、られない。オレ達さえ生きていれば、後は、ちゃんと、どうにかできるから。山鹿も止めふと、その瞬間、牧野は、樹が犯されたシーンを思い出す。

ペニスが口から抜けて芙蓉子の鼻先をかすめながら

いまだに女子高生に見えてしまう幼げな童顔の眉が

今年もホームラン王か、打点王の候補と見られている四番打者のパワーを、た。て続けに六発もぶちこまれては、吉井さやかでなくてもおかしくなってしまう。ところが、今里の肉棒を眼のあたりにすると、三奈のほうが昂奮してしまった。八寸胴返し…若い血を溜めて、隆と反ったペニス。こんな逸品にメッタ突きにされて、さやかのように、スウーンさせられたいと思う。

幸治は霧子の股間に差し入れた手を動かして

三十六歳の女の分別が、今里くんに必要なのは、やさしさとテクニックよ。と、三奈は言った。ぼくはやさしいつもりですけど。セックスは、自分が満足するだけでは半人前。相手を満足させるのが、自分の満足になって一人前ね。で、どうすればいいんですか?そうね。この武器を使わないで、あたしにエクスタシーを感じさせてほしいの。

 

オナニーを覚えた猿も同然

三奈は大粒のダイヤの指輪が光る指を、今里の八寸胴返しに添えた。とたんに、びくんとした。辛うじてメロメロになるのを抑えてくれた。毛細血管のすみずみまで、若い血を吸い上げた陽根。熟女の三奈は、こんな逸品にふれただけで、激しいうずきを感じる。しかし、ここで女体の弱味を見せては、カウンセリングにならない。
子宮が震えて

アソコはお洩らしでもしてしまったのかと言うくらいグショグショに潤っていて

オーガズムは、生理現象としてはクシャミに似てるの。と、三奈は言った。クシャミ?そうよ。今里くん、クシャミをする前を考えて。鼻がむずむずします。むずむずから始まって、身体の緊張感が高まって、最後にハクションと爆発する。なんか、わかるような気がします。むずむず、ううッと緊張するのが大事なんだ。女の肉体にとっては、そのプロセスがとくに大事。さやかさんが治ったら、またセックスするでしょ。

オナニーを始めちゃうもんだから

そのときは、最低三十分は挿入をこらえてサービスしなさい。三十分あれば、ぼくは二回は満足できるな。それでは、ダメよ。自分が満足する前に…。わかりました。やってみます。今里は三奈夫人を、ひょいと抱きあげた。豊満な三奈の身体は、五十五キロぐらいの体重があるが、今里は軽がるとベッドに運ぶ。きれいな肌だ。すごく色っぽいです。今里は、感激しながら、丁寧に三奈の着ているものを脱がして行く。これなら大丈夫だわ。三奈は睫毛をあわせ、身体を今里に委ねる。全裸にされたのがわかる。

淫乱な女子高生だけあって覚えが早い

今度はおまえがおいしいマン汁をご馳走してくれれ麗は泣きだしそうな顔をした恥毛を今里が、さわさわとなでている。三奈のヘアをなでている、今里の手がとまった。どうやら今里も、生まれたままの姿になったらしい。これから、どうしたらいいんですか?とまどった、今里の声が聞こえた。今里くんの考えたとおりにやってごらんなさい。まだインサートはダメですね?そんなのダメよ。

金属棒がお尻を突き上げてきますので

拘束を解き始めると

で天使牧場売上ベストファイブに入ったうちの四人の娘たちだった。娘たちはすでに二日前に旅立ち、コンクールの。の香港旅行を楽しんでいる。旅行はベストファイブ五名で行っているが、うちひとりは組織からの仕込みである。残る四人の帰りのチケットは既にキャンセルされ、替わりに香港当局が発行したパスポート名によるドバイ行き航空券が、香港在住の男によって用意されている筈だ。この娘たちに米倉が現地で接触するのかどうかさえ米倉は知らないし、恭子という娘のように何人かを連れて帰ってくるのか、それとも全員お土産として引き渡すのかも不明だ。股間を締め上げ

チンポを入れてもらって悦んでるんだろ

膣口も大きく開き美樹のことは、さすがに判断のしようもなかった。ここ数年、実質的には美樹は三田村の奴隷であり、米倉の奴隷である加奈を責める時のむしろ責め手のパートナーといった関係で、加奈を売ってこいと言われるよりはマシな決断の筈だった。三億という金、あって邪魔にはならんぞ。三田村の言葉にもまだ何の実感も伴ってこない。美樹と加奈の先に立ち、手荷物検査のゲートをくぐる寸前にもう一度振り向くと。先生いー、絶対、絶対帰ってきてね。先生大好き。
尻を受け取ります

そしてその真ん中にある乳首をキュッとつまむ

オナニーまでしてしまった身では
左手で大粒の涙乃里子がまっすぐに米倉を見て、をぬぐっていた。右手を大きく振って、沙織が驚いたように娘の顔を見ている。駆け寄って、黒いセーターの下にはずむ乳房を強く揉み立てて、その後きつく抱き締めてやりたいという衝動が米倉をよぎった。しかし、米倉は傍らの美樹と加奈を見て軽くうなずくと。行くか。そう言って、見送る女たちに再び背を向けて、でゲートへと入って行った。

この好色淫乱どスケベ女子高生が

秘肉とペニスがこすれ
いつもと変わらぬ足取り欲情。ごめんね、遅くなっちゃつた。さっきまで最悪の気分で、人を待たせてるのに足取りの重かった私です。が、現金なもので街頭に浮かぶ彼氏の顔を見たら嬉しくなり、足早に駆け寄って行きました。私男千寿は大学4年生。彼田岡正一君も同じ大学で今日から一緒に母校で教育実習を受けに来てるのです。正一君と私は小学校時代から同級生の幼なじみで、高校の時にコクられてお付き合いを始めました。

股間に彼の顔を押し付ける者まで居誰からともなく

尻の下で身もだえしながら
ずっと同じ学校で教育実習まで一緒だなんてウソみたいですけど二人とも真剣に学校の先生を目指しています。彼は数学、私は生物が専門ですが、夢が叶ったらいいね、そしたら結婚しようか、と話しています。もう彼からはプロポーズされて私もオッケーしてるので、正式ではありませんがフィアンセみたいなものでした。先生に残されたの?そうなの。マジで最低、あの先生。千寿ちゃんがそんな事言うなんて、よっぽど酷いんだね、あの先生。せっかく正ちゃんとゴハン食べる約束してたのに、しっこくって。

下着姿を晒す悪女医が豊満ボディで貢に肉迫した

気を許してる彼の前で、私はつい汚い言葉で先生を非難してしまいました。人の悪口を言うのは好きじゃないんですけど、実習の担当になった町田先生には初日でもうウンザリだったのです。この春転校して来られたそうですが、身長170センチくらいの私より頭一つは背が低くとても太っています。後頭部はハゲ掛かってるしボタボタ汗を垂らしていて、女子からはキモイとか陰口を叩かれて嫌われてると、仲良くなった生徒から聞かされてしまいました。だけど何と言つても嫌だったのは物凄くキツイ体臭をされている事で、近寄ると生ゴミみたいな悪臭が鼻に付いて本当に吐き気を催してしまうくらいだったのです。

エッチい事されても歓んでまうんや

拘束が掛けられるのだ

それじゃ、頂きます。俺はこの時、ひとみちゃんが1人前しかお茶を入れて来なかった不自然さにまるで気付かず、バカみたいにゴクゴクとやや熱めのお茶を一気に飲み干してしまった。嬉しそうな顔をしたひとみちゃんをチラ見して、その幼い表情の奥に隠された小悪魔の思惑にも気付かず、いい乳してるな、なんて教師にあるまじきことを考えていた俺は、やはりそれだけの報いを受けるのに相応しい人間だったのだろう。が、たとえどんなことが待ち受けていたとしても、大人ぶってお客様にお茶を出すという行為にチャレンジしたかわいい教え子の出すお茶を飲めないはずがないではないか。ひとみちゃんは、どうして学校に来たくないの?えっとね、せんせーが…。そこでモゴモゴと口ごもってしまい、どうしようかと言いたげな表情で、俺に何か原因があるのか~せっかく先生に来て頂いたと言母親にし目で視線を送るひとみちゃん。これ、ひとみ!申し訳ございません、うのに…ここでもなお、俺に対する邪心を隠し通した母親久美子さんは、真菜の言った。

足首に絡んでいた下着とズボンを脱いでいました

くわせもの。という形容がピッタリの名演技者だった。そうとも知らず、俺はどんどん自ら転落への道を歩んで行く。ねえ、ひとみちゃん、先生に何か問題があるのかな?なぜか赤くなってモジモジし、何も話してくれなくなったひとみちゃんに、俺は困ってしまった。そしてここからいよいよ母親が化けの皮を脱い。

 

アソコを発情させてしまっています

モンスター。ぶりを発揮して来たのである。あのぅ、先生。ひとみは先生のことが大好きなんですよ。失礼ですがいつも家では、モ。スター·モンスターって、先生のお噂をしております。相撲取りみたいな巨漢で、いかつい顔の俺に、子供達が付けたぁだ名は。モンスター。性格が暗い上にこんな外見で、特に女性にはあからさまに敬遠されて来た俺だが、小学生には大人気で、もしかするとこの仕事は天職なのかな、などと愚かなことを考えていたくらいだ。ですが先生。1つお伺いしたいのですが、味をお持ちなのではありませんか?
ペニスの先端を乳房露出の状況で

セックスパートナーとして見ても魅力的だが

先生は女のお子さんに変な興。いいえ、決してそのようなことは、ありません。これはいくらなんでもぶしつけだ。確かに今ひとみちゃんのあられもない露出過多な格好にクラッと来ているが、学校でそんな気持ちになったことは一度もないと誓って良い。が、やはり。スター。らしく母親はとんでもない言い掛かりをつけて来た。ひとみが、この前、逆上がりの練習の時先生に下着を見られたと言って、泣きながら帰って来たのですが。一体これはどういうことでしょうか?ひとみちゃん!

調教のプログラムは開始されている可能性が高いのだ

せんせーが、ひとみのばんつ、見たの…。膨れたように頬を尖らせてボソッと呟くひとみちゃん。ちょっと待った!何てこと言い出すんだ、コイツは。俺は慌てて、まだ鮮明な逆上がりの練習の記憶を辿る。確かにあの時、スカートをはいていた女子は見えてもいいように何か色の付いたものを着用していたのに、ひとみちゃんだけは生の白パ。ツだったのだ。でも彼女は全然気にしない様子でケロッとしていたし、逆上がりの練習をすることはわかっていたのだから、今さらそんなことを言われても困る。

挿入させた

尻を受け取りますハッキリ言って自業自得ではないか。あれからひとみは学校に行きたくないと言うんです。これはセクハラではないでしょうか。先生がどういうおつもりなのか、気持ちを聞かせて頂けませんか?そ、それはですね、全くの誤解です。僕は決してそんなつもりは…。でもひとみは先生にパを見られたんです!そして学校に行きたくないって言ってるんですよ。先生、一体どうして下さるおつもりですか?僕にどうしろって言うんですか!しまった。つい喧嘩腰になってしまった。