は射精してくれました

弾むように波打ってる連続してペニスをたたき込み

でも人を外見だけで判断してはいけません。町田先生は教員としてもどうなのか、とその資質を疑ってしまう先生でした。やる気のない無気力な授業で、生徒は居眠りしたり私語をしたり、全然授業が成立していないのです。そのくせ放課後教員室で私を1対1で指導する時は妙に丁寧で時間が掛かり、なかなか帰らせてくれませんでした。それに私は嫌なのに体を伸ばして話されるので体臭が酷く、本当に鼻を摘まんでしまいたいような気分だったのです。だけど熱心な先生なんじゃない?俺の先生なんかスゲえアッサリしててえ、これでもういいの?って感じだったけどね。

亀頭部を中心に

その方がいいって。マジで勘弁して欲しいよ、あの先生。おかしいな?実習は大変だろうけど、先生の言う事をよく聞いて真面目にしなきゃ、って俺に説教したのは千寿ちゃんの方だけど。とにかくこの2週間は嫌な先生でも我慢しなきゃ。生になれないぞ。そうだね。いい成績貰わなきゃ先とても正ちゃんには言えないよね、あんな事町田先生の外見や体臭についても愚痴をこぼしてはいけませんが、彼には絶対言えない一番嫌だった事は、彼氏はいるのかと先生にプライベートについて聞かれた事。おまけに、いませんとウソを吐いたら、何と夕食を誘われてしまったのです。

 

オマンコがつながったまま

それも、まだまだ話したい事があるから付き合いなさい、と立場を利用した強引なものでした。もちろん体よく断り何とか逃げて来たんですけど、私の気分は最低で彼に愚痴をこぼしたくなるのも仕方がないと思います。な、何コレ…体が熱いよ正ちゃんと話しながら夜道を歩いている時でした。何だか妙なズキッと言う甘い感触を下腹部に覚えてしまった私は狼狽してしまいました。そして思わず彼にしなだれ掛かり腕を組もうとしたのですが、正ちゃんはなぜかそれを拒否します。
下半身がそうだった以上

風呂上がりで無味無臭だったペニスが

駄目だよ。どうして。生徒に見られてるかも知れない。そんな…考え過ぎだよ。千寿ちゃんカワイイからさ、男子の中じゃきっと評判だぜ。跡を付けてる。奴がいてもおかしくない。俺と付き合ってるなんてバレたら、一大スキャンダルになってまずいだろ。まさか。それなら正ちゃんだって。残念ながら俺はまるでモテないから大丈夫だ。千寿ちゃんはもっと自分を知って気を付けなきゃ。

調教した時の事を思い出させてくれた

俺は心配なんだよ。うん、わかった。いつもはひょうきんな正ちゃんが真剣に言ったので、私も素直にうなずき彼から離れました。彼との関係は誰にも知られてはいけないと、大学の先生にも注意されてましたし。自惚れだと言われそうですが、私の容姿は人並み以上だと思います。色白で黒髪ロングストレートヘアなので、よくお人形さんみたいだと言われますし、背も高い方で今着てる黒いスーツも似合ってると思います。それに比べて正ちゃんは男としては小柄だし、スーツがつんつるてんで場違いに見えてしまいました。

あん突き出た乳首をパクリとくわえ

お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て顔もお笑い系でモテそうにはありませんけど、面白いし優しいし、それでいて根は真面目で頼りがいのある、私にとっては最高の彼氏なんです。ああ…私のアソコがキュンキュンしてる!正ちゃんを欲しがってるのかしら?信じられない…さっき感じた下腹部の異常がますます膨らんで、そんなはしたない事が頭に浮かんだ私は赤面してしまいました。私はまだ正ちゃんに体を許していません。それどころか、実は男の人と経験した事すら一度もないんです。なのにどうして、アソコが彼を欲しがってる、なんて思ってしまったんでしょう~。何だか顔が赤いよ。トイレに行きたいんじゃないの?食事屋に着いた時そんな事を言われた私はますます真っ赤になって、逃げるようにトイレに向かいました。

そのままいざり寄り腰の上に彼女の尻をのせた目の前に男が陣取っている

屈辱と快感が混じり合って人妻を別の世界へ連れ去ろうとしている

横からリキの罵声を浴びながらというのも、樹の姿が映っている。立ち上がっている。何よりも、実は、何とも嫌な感じだった。目の前のモニタには、リキに気を遣っているのだろう。座っても大丈夫なはずなのに、今は、ローブは確かに緩むが、後ろ手ではめた手錠は外れはしない。時折、ヒクリと腰をうねらせるのは、挿入されたバイブが、樹のオンナを責め苛んでいる証拠だった。

  • 尻に当てがい
  • いきなり無骨な指先が挿入されたのだ
  • 射精をしたと行っても

男根がついてい手元のスイッチを触るのが見えた瞬間ベルトで固定してあるから、いくら腰を振っても抜け出る可能性はない。まだ、懸命に、感じまいと努力をしていたようだが、いくらも保たないだろう。一度感じ始めれば、オンナはまともに立っていられなくなる。オーガズムに襲われ、その度に、首の絞まる感覚が襲い、快楽と死の恐怖の狭間でのたうちまわるはずだった。ひょっとして、器用に、立ったまま逝くかな?接待奴隷なんだろ

 

チンポを握り締めてルンルン状態なので

しかし、家元はともかくとして、松本には、オンナの首が絞まるのを楽しんで見ている趣味はない。かといって、一度立たせた男根をそのままにしておく手はなかった。まあ、誰でも良いんだがちょっと考えたあとで、結局、昨日、何事かを言いかけて中断した、亜由美を呼び出した。ああ、だ、抱いてくれるのですか。部屋に現れた亜由美が、いきなりしなだれかかってきたのには驚くしかない。やはりこれまでとは態度がまるっきり違っている。
下半身から発生するものが多い
バイブを持ってきてぐちょぐちょになった彩子に押し込んだ
ネットリしたキスをせがんだ後で、自ら、着物を脱ぎ始める。つやつやしたボディに指を、っと、滑らせただけで、吐息に甘いものを混じらせてくる。すごいな。ああ、おっしゃらないで。すもの。だって、だって、昨日は途中だったし。あれから、誰も来ないんでそう。昨日は、いよいよこれから、と言うところで家元に呼び出されてしまった。

 

人妻が手もなく性

こういう、気まぐれな呼び出しは、良くあることだ。だから、松本の方は、出すだけ出したが、亜由美は取り残されてしまった。亜由美のオ0。コを使うだけ使った。オナニーのようなセックスだったのだ。もちろん、その時、亜由美は不満を口にしなかったが、やはり、ここに来て開発されたオンナが、疼くのだろうと、松本は一人ニヤつく。昨日、亜由美が言いかけねっとりとしなだれかかる亜由美に、女が色濃く出ている。

クンニリングスの次はいよいよ本番だから

たことが気になった。ところで、あん時、言いかけたことがあったみてーだが。ああ、あれ、はふ、なんでも、はふっ。ふと、松本が要求する前に、ジーンズを勝手に降ろした亜由美は、がっついた様子で男根にしゃぶリついている。これほど飢えた様子を見せられると、逆に、いじめたくなるのが、松本のクセ六--六。ふん、がっつくな。ほら、言って見ろ。ニヤニヤとしながら亜由美を亜由美の頭を抱えて、しゃぶっているモノを吐き出させると、覗き込む。あきらかに、亜由美は興奮した表情だ。ほら、言えって!

オナニーしはじめてる奴もいる

乳首を吸わせた

気を取り戻した美樹が頭を上げた。そして、再び頭を下げて、侵入したものを見る。いや、い。へっへっへ。さっきよりずっといいはずだぜ。やめて、やめてぇぇぇ。やっそんなもの、いやああ…。言いながら、美樹は腰を振っている。奥まで収まると、男はこねるように動かす。美樹は、ますます激しく腰を揺すっている。まだまだよくなるぜ。美樹さんよ。苦痛に耐えて唇を噛み締めているうちに子宮が熱を帯び

乳首が硬く勃起していやらしく天を向き

ぴっちりとしまった唇で亀頭を扱きながら奥まで入れた瞬間男が、突起部分をクリトリスに当たるようにして、スイッチを入れる。いやつーいやぁああ男は巧みに動かしながら、美樹の官能を刺激する。そして、スイッチを最大限まで回した。だめ、だめええぇぇ。ブウ~ンブゥ~。ぬちゃぬちや。淫靡な音が部屋を支配していた。いや、いやまたイッちゃうーし男がスイッチを止めて、美樹に聞く。
尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

森山さんのフェラのテクはすさまじく俺はすぐに我慢できなくなってしまい

肉棒が引き抜かれます
あの男の名前は?ふ、古川。今度は正直だな。左ー直パ11古川慎一!ー男は、ニヤリと卑猥な笑みを見せた。男は再びスイッチを入れると、手を離した。美樹を犯しているどす黒いものは離れなかった。美樹の秘部が、しっかり咥え込んでいるのだ。美樹が腰を振るたび、突起が敏感な部分に当たる。そんなに気持ちいいのか?

クリトリスを剥かれ

あゆみは刺激的になったクリトリスと膣の快感をダブルで感じ
いいの、いいの。どこがいいんだ?ーすごく太いの。言わないと、またスイッチ切るぞ!ああ···おまんこ、おまんこ。誰のおまんこだ?ああ美樹の美樹のおまんこ。美樹のおまんこが気持ちいいのか?そうよ···美樹のおまんこ、気持ちいいのぉ!クリはどうだ?クリも美樹のクリもすごくいいの。

尻の穴を刺激すると

若い男のチンポ汁が欲しくて
そんなにいいなら、イッてもいいぞ。美樹、イッちゃうーガクンガクンガクン。美樹は、その美しい顔をもはや我慢できない快楽にゆがませ身体全体を不自然に硬直させて、再び昇りつめた。美人捜査官の絶叫バイブレーターは、そのまま動いており美樹の痙攣は、しばらく収まることはなかった。痙攣が収まったかと思うと、また腰を振り出した。誰か、誰かスイッチ止めて。ああイク、イク、イク。いやああ·いや、いやつー抜いて。あぁあいいいいまた、また。

恐怖の去らないまま責め続けられるこお尻にたらすところがなくなると

ぅぁああ。だめよ、だめよ…。イク、イク。すごいー気持ちいいああまた。いやいやよまたイクああ。ああおまんこ美樹のおまんこいいい。狂っちゃう美樹のおまんこ、狂っちゃう。はぁ…。はぁぁイクイク。あっ、あっ、あんあんああぁああ。美樹は、もはや腰の動きを止めることはなかった。何度も何度も昇りつめ、身体を硬直させた。美しい顔は悦楽に支配され、髪を振り乱しロからよだれを垂らし続けた。白い首筋や深い乳房の谷間は、大量に汗ばみバイブレーターを咥え込んで離さない肉壷からは、おびただしい愛液が溢れ出し、むっちりした太ももふくよかなふくらはぎは、べっとり濡れている。