すこぶる刺戟的で痴漢がやみつきになっている宮川にとって

仁浩一ならおよそ考えもしないだろう愛撫に濡れた

おかげでペニスの強烈な勃起も1日中治まってくれず、いずれは外部からの刺激でも射精してしまうかも知れない。それでは禁欲を強制する貞操帯が無意味となる気もするが、そんな事は調教される立場の奴隷である俺が気にしなくても良い。全く気楽な身分だ。お舐めっ!そして奈々様が一日はいておられたソックスを口に突っ込まれると、むせるようなキツイ刺激臭に俺は又もやウットリしてしまう。奈々様はバレーの練習時もはいておられたのだろう、汗がタップリ染み込んだ布地は加齢臭の酷いオヤジがはいていたのかと疑われるくらい悪臭紛々たるもので、それがどMな俺をこよなく陶酔させてくれるのだ。清純で潔癖な少女だと思っていた奈々様は、嬉しい事にSの素質があられたようで、催眠状態に入るとこうして俺をビシビシと責めて下さる。
接待奴隷なんだろ

ペニスがヒップに隠れると同時に真紀がかすかに呻き

きっと俺と奈々様は父と娘というギクシャクした関係などでなく、マゾヒストとサディストとして結ばれるべきだったのだ。このように隠れていた。本当の人間性を回復させて下さる、ご主人様の催眠術の何と素晴らしい事。ねえタカシ、アタシのパンツ見て興奮してる?わんわん!ナマイキなんだよっ!再び強烈な金蹴りが決まって、俺はとうとうもんどり打って倒れてしまう。この痛みもどMな俺には心地良いばかりで、もし貞操帯がなかったら間違いなく射精に導かれていただろう。

 

膣口の位置と役割を教えてくれた


ひんやりとやわらかな膨らみの頂点で乳首だけが硬く尖りきっています

そして犬のように無様な四っん這いになった俺の頭に、奈々様の爪先が置かれた。今日さぁ生理だからパンツ脱げないんだよね。アタシの血、飲んでみる。かい?タカシ。くうっん。どうして飲めないのよ!実はまだ女性の生理血を飲んだ事はなく、つい正直に答えてしまう。奈々様はそんな不甲斐ない俺の頭を何度も何度も踏みつけて下さったがそれは俺の中に眠っていたマゾ願望をこよなく刺激してMの歓びに浸らせてくれるばかりだ。
お尻の穴まで見えちゃつてます

男根が一気に美穂の奈々ちゃん、奈々ちゃん!ママ邪魔しないで。こんなブタ野郎…。パパが帰って来たわよ。車の音でわかったのだ。すると千恵利様のみならず、奈々様も玄関に向かわれた。この家の主佐々木俊夫様のお出迎えである。トシ君、お帰り。玄関先から千恵利様の明るく弾んだ声が聞こえる。
セックスレスどころではなかった
セックスレスどころではなかった

ビデオの最後に映っていたフェラチオシーンの衝撃が大きすぎてそんな簡単なことにも思

処女の部分に押し入っていくきっとご主人様にハグしてキスを迫っておられるのだろう。昔を思い出した俺は、少しだけ感傷に浸った。あれはあれでそれなりに充実した日々だったような気もする。もちろんドMな本性に忠実に生きれば良い今の幸福には比べるべくもないのだが。ご主人様はよく俺に言われる。お前が羨ましいぜ。
拘束された夫を痛め付けると脅された

奴隷にもよるでしょうけどまぁ買われるという

余計な事を一切考えないでいいんだからな。俺なんか仕事は辛いし、家のローンは返さなくちゃならない。千恵利は浮気しないか心配だし、奈々の進学も不安だ。そうだ、増田。催眠術を解いてやる。から俺と交替しねえか?もちろんそんな冗談に心を動かされる事はもうない。ご主人様がリビングに入って来られると、千恵利様はさっそくひざまづいてご主人様のズボンを下ろし、生尺奉仕を始める。もうママったら。あら奈々ちゃん、ヤキモチ妬いてるの?でも順番だからね。

それはまさしくフェラチオの顔

両脚を持ちあげて股間を大きくひろげた

痴漢されている姿を見られてしまったら

各班長は、指揮車に集合。移動しながら説明する。それまで質問は無用。銃はなし。3分後に乗車していない者は目は笑わないまま、すごみのある笑顔が、石松の右頬に走った。次の異動で交通課に回してやる。あからさまに、交通課への差別だ。いつも、したり顔をしている交通課長が聞いたら、抗議文を上から回すだろう。警察を背負うのは我々だ。の矜恃こそが、苦しく、辛い捜査を支えている以上、これは、石松流の、ジョークだと、課員は正しく理解できる。

お尻の処理まで始め突き入れた指を奥深くでクニクニと蠢かせると

引き締まった顔に、ニヤリとした顔が混じった。その顔を満足げに見渡した後、石松は引き結んだ唇を開けて高らかに命令する。一言、石松が叫んだ次の瞬間、狭い出口に男達が、そして、男社会を伍して生き残る逞しい女達が殺到した。石松が部屋から出る前に、装備課の方から悲鳴と怒号が聞こえてくるのを、知らん顔してやり過ごす。おそらくは。貸し出し書類を書け。と悠長なことを言う係に、従うどころか、横から飛び込んで、装備を強奪しているのだろう。怒号と荒々しくロッカーを開ける音、何かが倒れる物音で、喧噪とはこのことだった。

 

下でクリトリスをなめてみました

ま、こっちは、後で、詫び状と、2本も持っていくとするか。こんな時。用に、石松のロッカーには、常に日本酒の2本が置いてあった。全ては後のこと、と喧噪を聞き流しながら玄関に向かう石松に、ふと、後ろから人の気配が並んだ。まあ、あっちは始末付けときますので、先、行ってください。こっちは、上のお守りをしておきますよ。そんな人間も必要でしょうから。三輪と村上が、いつの間にか並んでいた。ベテランの三輪は、歩きながら、ちょっとはにかんだ表情を隠すように下を向いている。
下着の上からでも十分にわかるほど

それよりも自分のオマンコを満足させたかったのだ

後輩の村上は、どこか涼しげな、ひょうひょうとした表情だ。あっけにとられる石松。当然、この騒ぎを山鹿が知れば、カンカンに怒るに決まっていた。それをなだめ、すかし、とぼけ、すくなくとも、捜査が。を手に入れるまで、手を出させないようにしなければならない。考えようによっては、今回、一番大事な役目だった。一方で、署の中の混乱も、早くわびを入れないと、後で、どんな風に足を引っ張られるかわからない。

セックスの際も

怒り心頭に発した装備課の怒声を一心に引き受ける損な役目を、うのだ。すまん。じゃあ、オレのロッカーに。これですか?三輪は、引き受けようとい三輪は、片手に提げた二本の日本酒を、ちょっと掲げて見せた。まさしく、ロッカーに入れてあったヤツだった。油断も隙もないと、石松は苦笑い。何だ、知ってたのか?前から狙ってましたからね。

アソコを押し広げながら入って来たソレがグルグル回転する刺激玉で中を擦り上げてくれ

射精です今度、こいつを私にもお願いしますよ。一礼をして、三輪は右に踏み出した。先輩、私にも頼んます。村上は、片目をつぶって、左に別れていく。出口の前の分かれ道怒号の聞こえる廊下の先へ、三輪は曲がっていく。村上は、エレベータではなく階段に向かった。石松の返事も聞かずに去っていく男達の背中は、石松への尊敬と信頼が浮かんでいた。入り口の脇にいる立ち番の若手が、かしこまって敬礼する。

ピストンの動きを早めた

ペニスが激しくしゃくりあげた

そうしてからすぐに下がり、全く味の感じられなくなった弁当を無理矢理胃に流し込む。娘はショックですすり泣きから号泣へと変わって、もうとても見ちゃいられない感じになって来た。これまで見たこともない俺の激しい行動に、ユウイチもビックリ仰天していた。激しく泣き始めた娘におろおろしながらも、火の出るような俺の平手打ちの気持ちが伝わったか、懸命に娘に話し掛けていた。お母さんは女手一つでまなみちゃんを育ててくれたんでしょう?あったのか知らないけど、お母さんの気持ちもわかってあげなきゃ。反りを打った擬似男根が猛々しくせりだしているのだ

ペニスをゆっくりと出し入れし

セックスっていうものがあるのは知ってましたけどもう子供じゃない、立派な大人なんだからさ…何が君は何ともいたたまれない空気の中で、ユウイチの説教はこんこんと続いた。HMし、それじゃ今から楽しい電車ごっこだよユウイチが努めて楽しそうなノリでそんな事を言うと、ケンジからリクエストのあった。痴漢プレイ。を楽しむために、マナミににじり寄って行った。俺の突然の強烈な平手打ちと、それに続くユウイチのただたどしいが懸命な説教は、この親不孝な家出娘の心を意外に揺さぶったようで次第に泣きやんだマナミは親に感謝することの大切さを切々と説くユウィチに向かって、しゃくり上げながらハッキリ。ごめんなさい。と口にしたのだ。俺はケツがむずがゆくなるような居心地の悪さを感じていたが、結局彼女は父親の愛情に飢えていたわけだ。
セックスに目ざめた奥さんだったら

ふたたび男のものにフェラチオを行いはじめた

男根に貫かれたまま
母親のアサコは父親のいないハ。デを埋めようと、きっと厳しくしつけたに違いない。が、その結果が家出して、暴力団の事務所で陵辱を受ける羽目になった哀れなマナミの姿だ。が、ここで引き返すわけにはいかない。ようやく心を開いたマナミに再び被虐の歓びを煽るボーレギャグを嵌め、後は二度と家出しようなどと思わないよう、とことん女の快楽を味わわせ、性の歓びにのた。うち回らせてやるのだ。イカせ屋。の父親としての、この子への罪滅ぼしだ。マナミちゃんは満員電車に乗りました。すると後ろから男の人が何か押し付けて来たのです。

膣壁が強引によじられ

子宮が押し上げられてお腹が苦しい
ユウイチはマナミの背中にピタリとすり寄ると、又もや若さに溢れる勃起ペニスを手錠の嵌った手に握らせる。すっかりこのプレイが気に入った。ようだが、マナミは嫌がるそぶりも見せず、自分からしっかりと両手でユウイチのナニを握り締めると、もう諦めたかのように羞じらいながら顔を伏せた。表情はわからないが。よし、なかなかいい感じだぞ。満員電車で動けないのをいい事に、痴漢がおっぱいを触って来まし大Sユウイチの手がだらしなく緩んだマナミの胸元に侵入する。そして痴漢にしては大胆に、ブラのホックを外してむしり取ると、両手で乳房をム。

オマンコ気持ちいいですぅ

オマンコシテモラウトキハ
ズと掴む。馬鹿野郎、もっと優しくしねえか!俺はまるで娘の初夜を-めている父親のような倒錯した心境に陥り、ユウイチの下手くそな愛し方がマナミを冷めさせてしまわない事を祈るような気持ちだった。そんなに鷲掴みにしたら、痛がるじゃねえか!もっと優しくソフトに弄ってやれば乳房への愛撫だけで女を歓ばせ、絶頂に導いてやる事さえ可能だって言うのにああ、もう見ちゃいられねえ!俺はたまらなくなってなるべく気配を殺しながら立つと、ユウイチにおっぱいを強く握られて辛そうなマナミに近寄っていった。無言で目配せをすると、ユウイチの片手に替わって俺の手がマナミの片側の乳房をまさぐる。立派に成長した汗みずくの豊かな膨らみに感激しながら、頂点の実をまずソッと摘んでやると、既に半分固くなっていたツボミがあっと言う間にグンとそそり勃ち、弾力のある石のようにプリプリになって行った。んんっつつ。俺のホンのワ。タッチで悩ましい淫声をくぐもらせるマナミを見たユウイチは、形だけでも俺を見習い、膨らみを離して乳首をソフトに摘みしげて行った。

乳首に注意が及んだ

そうだ。あくまで優しく愛情を込めて弄ってやるんだ。そして声が出るのを我慢出来なくなるくらい女が感じてしまったのを確認してから、ゆっくりと刺激を強めて行くんだぞ。俺はマナミの乳首をしばらく撫でさすりコロコロと転がしてから、おもむろに乳房全体に手を掛けた。両手を使えねえから、人差し指と中指でキュッと先端を摘んでやってからゆっくりと膨らみを揉みほぐしに掛かる。まだ成人前とあって弾力十分の若さに溢れながら、女らしい柔らかさを併せ持つ素晴らしい乳房だ。