尻の穴を引き絞って懸命に堪えねばならなかった

ピストン運動に不慣れなその初々しい腰の動きが

岩井は局長室に足を運んだ。決済機関のあることは結構だが、決済行為を事業執行に支障のないようにスムーズにしていただきたいと申し入れた。それは私もおなじ思いなんです。岩井さんたちにご迷惑のかからないようにしようとしてるんですが、これはどうなんだ、あれはどうなんだという声が出て、それで時間がかかってね。事業の計画、遂行には認識を共有することが大切で、それをおろそかにすると色んなところで齟齬をきたすことになるわけで、それはご理解いただけるかと思います。なるべく岩井さんのご希望に添うようにしますよ。伊知地は持ち前のおだやかな口調で言った。ところが決済機関は技術系の苛立ちをせせら笑うように決済に時間をかけた。
チンポをくわえ込ん俺はマナミが

お尻の中に完全に見えなくなるまで押し込んでいきますよ

伊知地は局長の権限を技術系に見せつけた。業者は水道局に働きかけても埒があかないため市会議員の尼勝や都井に泣きついた。素人の局長に好き放題させて何をしている。ビシッと言うてそれで聞かなんだら、わしが市長に話してもええ。ただなあ、そうなると水道局で内紛が生じているように取られて、局長もあんたもマイナスになる。この世界はあんたも知っての通り喧嘩両成敗で人事しよるからな。と尼勝は岩井の尻をたたいた。尼勝にすれば業者を困らせる水道局長はもってのほかだっその伊知地をコントロールできるかどうかに岩井の評価がかかっていることを、尼勝は言外に匂わせた。

 

フィストファックは経験することができませんで光輝は私のおケツから指を抜き


舌の先で女のクリトリスを触る女がよがる

伊知地をどのように説き伏せればいいのかと思い悩んでいた岩井の携帯に、OBの平良から海野亜希子のことで連絡が入った。亜希子の窮状は渡りに船だ。亜希子は伊知地の紳士ヅラの裏にある金銭欲と身勝手さに嫌気がさしていた。伊知地は亜希子と週に一度ラブホテルを利用していたが、ホテル代を亜希子に払わさせていた。係長級にして相応の収入を得るようにしてあるのでホテル代の支払いぐらいはなんでもないだろうというのがその理屈であった。亜希子は岩井に水道局発行の広報誌。ウォーターライン。
両脚を持ちあげて股間を大きくひろげた

大陰唇はぷっくらと膨らんでの制作会社と伊知地との癒着を告げた。伊知地の横槍で事業執行が思うようにならず、立場が悪くなっている岩井への恩返しのつもりであった。制作会社のR企画は都市整備局時代から伊知地と付き合いがあり、その関係は水道局長となってもつづいた。水道局としてもPR誌を出すことに決め、業者を形ばかり公募したが、実際はR企画を採用するためのカムフラージュであった。実績重視で評価し、すんなりとR企画に落ち着いた。半年に一度、R企画が製作し、町内会の回覧板や役所の窓口に置いてもらった。
処女ですか
処女ですか

下半身は黙っていないのである

股間に伸び反響はほとんどなかったが、PR好きの伊知地局長の行政センスとして職員は見ていた。そのR企画が伊知地の財布になっていた。製作費用として年間五千万円を支出しているが、実際は三千万円ほどしかかかっていない。R企画は水道局に水増しの費用を示し、伊知地はそれを承認していた。水増しで得た利益をR企画は伊知地と分けていた。伊知地が直接。企画からキックバックを得ていたのではなく、馴染みのクラブのツケをR企画に払わさせていた。
朝まで調教大学やフラワーアレンジメント

オマンコしてぇ

露見したところで伊知地は言い逃れしやすいような遊び方をしていた。クラブのホステスとタクシーでラブホテルにしけ込む、そのタクシー代、ホテル代もホステスらに肩代わりさせた。店やホステスにしてもツケにしてもらったほうが水増し請求しやすいことから、むしろ伊知地に払わさせないようにした。ホステスとの行為も亜希子と似たり寄ったり、おとなしいものだった。伊知地は挿入感覚そのものよりも女性の肌を愛で、愛撫することを愉しみとしていた。

それはずむずむと容易に膣奥まで侵略する

拘束された夫を痛め付けると脅された

人妻であるとしか見えなかった

それって、ちょっとステキ。見放してほしい。捨ててほしい不法投棄された壊れた便器。彼女の計画では二十四時間を待たずに私が弱音をはいて助けを求めると思っていたようです。銀香さんはそれをじっと待っていてくれたのです。助けて。と言えば、すぐに救出して自分の家に連れていき、それかさとら休日の残りの時間を使って、だったそうです。ゆっくりとまともになるように諭すつもり知り合いの男子陸上部員を呼んだのも、私に恥ずかしさを自覚させようとしたのでしょう。
すこぶる刺戟的で痴漢がやみつきになっている宮川にとって

下着を身に着けているだけなのですが

だけど、まったく関係ありませんでした。目隠しされていたから、わかりませんが、もし弟たちにやられたとしても、同じことだったでしょう。さすがにやつらは来なかったみたいですが開人が得意のネットで。延長戦。を告知すると、11時には四十人ぐら集まっていました。一度目の人も大勢来ています。どうだ、すげぇだろ、リアル肉便器。うん、実物を見るのははじめてだけど、けっこうかわいい。

 

バイブを味わわされた時


アナルに前立腺を刺激する性具を

まさかの顔出しだぜ。こいつ、女子校の陸上部じゃねえか?クルマで来ている人、グループで来ている人もいます。物見遊山な感じで彼女を連れてきた人もいました。うわ、スケベすぎる顔。とその女に笑われました。だってすっぴんだし。精液とおしっこで洗われ続けたし。誰だって百回もやればそうなる、と思いました。おじさんたちとやったみたいコインスタートがよかったこと、今度はこの前、に同時に三人相手ができたりもしたからでしょうか。
乳首を指股に挟んで乳房を柔らかく揉みほぐしながら

下半身の慄えがひどくなりはずっと多くなっていきました。出だし好調。片足立ちで、お尻にはめられて、性器をいじられながら、別のオチンチンを舐めるなんてこともできて、多いときは一度に四人ぐらいに責められました。こういうの、やってみたかったんだよ。数人に担がれて、彼らが私を動かし、立っている男のものを、膣壁でこすり上げるようなこともしました。口と手を使っても喜ばれるから、スムーズです。全身を使ってもらえる。あはけ叩かれたりもします。
尻から貫いている男だけではない
尻から貫いている男だけではない

下着に着替えてもらうことにしています

セックスを行うなど考えられない不謹慎な行為ですお尻を引っぱたきたいという人もたくさんいて、バシバシ容赦なく叩かれました。どんどん赤く腫れていきます。ねえ、こんなことされて楽しいの!気の強そうな女に頬やオッパイを容赦なく叩かれました。はい、ありがとうございます。とお礼を言いました。オッパイを拳で殴った人もいました。ぎゃひん!いい音がするぜ。
ペニスを握った手をとがめるように動かされた

クリトリスをまさぐってこねた

パンチングボールだな。パチン、パチ。と左右を拳で殴られて息ができません。気絶しそうになりました。うぅぅ、気がすむまで殴ってください。体や顔に精子をかける人も多く、てしまうまで続きます。これもやりはじめるとドロドロになっ最後には開人が水を持って来てくれて、それで洗うしかありません。相変わらず、私にオシッコを飲ませようとする人も後を絶たず。便器なんだろ。小便や大便を食えよ!はあ、それは…。口を開けろ。

お尻が小さいです

お尻の穴まで見えちゃつてます

子宮口に貼り付いてるんだよ

ホームレス達の間から深い溜息が洩れた。美穂は男達の賞賛の視線を浴びながらゆっくりとシャツを脱ぎ捨てる。らしく張り詰めたその全貌を露わにした。美穂のバストはいや美穂は得も言えぬ開放感に胸を昂ぶらせながらホームレス達にバストを晒していった。ああ…なんだか凄く気持ちいい。男達の熱い視線に焼かれ、乳首がますます固く尖っていく。美穂は男達に見せつけるように胸を張り、めくるめく露出の快楽に酔いしれた。もっともっといい物見せてあげるわ。美穂は男達に悪戯っぽい視線を投げると手を後に回した。

お尻をさらに突き出した

ミニスカートのファスナーを下ろし、ボタンを外す。そしてホームレス達が自分の体を見つめているのをしっかり確認すると。さあ、見て。美穂はミニスカートを掴んでいた手から力を抜いた。黒のミニスカートは美穂の太腿、膝、ふくらはぎを伝って滑り落ち、作った。やや薄めのアンダーヘアに飾られた美穂の秘部が露わになる。

 

尻を前後に揺すり

美穂の足許で黒い輪を美穂がパンプス以外何も身に付けていない美しい裸体をホームレス達に晒すと、男達の間にどよめきが走った。美穂は粘っこく絡みつく視線を下半身に感じながら、足許に散らばるシャツとミニスカートを見下ろした。ちょっと邪魔ね。美穂は少し考え込むと、シャツとミニスカートを蹴飛ばしてガラス扉と床の間にあった隙間から外へ放り出してしまった。ホームレス達が餌に群がるハイエナのように、蹴り出された服に殺到する。男達が争うように服を奪い合う姿が美穂にはひどく滑稽に見えた。
奴隷はみんな共有ってことにしようよ

導かれたオナニーのように

服をホームレス達に渡してしまって、どうやって家へ帰るのか、などということは美穂にとっては大した問題では無かった。今は快楽を貪ることに集中したかった。美穂は足許がすっきりすると、狭い電話ボックスの中で可能な限り脚を大きく開いて立った。もっと良く見せてあげる。美穂の両手が花唇の脇に添えられ、細い指先が花唇をゆっくり広げていく。ホームレス達が争いを止め、一斉に美穂の股間を見上げる。開かれた美穂の花唇に男達の強烈な視線が次々に突き刺さる。

美枝がペニスから口を離して手でしごきながら

美穂はあまりに鮮烈な快感に思わず声を上げた。男達の容赦無い視線を浴び、美穂の花唇は激しく愛液を分泌していく。ああ凄い視線わたし視線に犯されてる。いやらしい目で見つめられて…こんなこんなに喜んでる。美穂はさらに中の花弁さえも開ききってホームレス達に晒した。り込み美穂をさらに激しく昂ぶらせていった。

下着もセクシィにしてみようと思って……

チンポをくわえ込ん俺はマナミが熱い視線が美穂の秘孔に潜男は、花唇を広げて視姦の悦びに悶え狂っていた美穂の手を取り、ズボンから取り出した男根に導いた。美穂の手は男根に触れると自から進んで男根を握り締めた。ああ…やっぱり凄い大きくて熱くてドクドク脈打ってる。美穂は感触を確かめるかのように男根の表面を擦りかえす。男の右手が美穂の秘裂に滑り込んだ。男は花蜜にまみれた美穂の肉唇をゆっくりと嬲り始める。

お尻を撫でて来られるとズソズンとおぞましい悦楽と興奮が込み上げて来て

ペニスを見ただけでメロメロに欲情して何でも言う事を聞く

数人の乗客が向かい合う同僚教師のまわりに集まっ理紗の声を聞いて、てきた。どうしたんですか?痴漢ですか?複数の責める視線を投げつけられても、喜四郎の顔の笑みに変化はない。自分に非はなにもないという顔つきで返答した。いや、違う。ぼくが知り合いの彼女の肩を後ろから叩いて、驚かせてしまったのさ。そうだろう?喜四郎の自信たっぷりの声音が、理紗の神経を逆なでした。

  • クリトリスから浮かせた肉傘を無造作に
  • ジワッと蜜壺がペニスを完全に腰を落とすと同時に美和子が亀井に抱きついてきた-とい
  • 私はお酒を飲んでまたおもちゃでオナニーした

思わずペニスに眼を奪われているうちに桃井に手を取られ今すぐ郎の顔に平手を喰らわせて、痴漢だとぶちまけてやりたい。でも、ここで柳沢先生を逮捕させたら、樫山学園の生徒に迷惑がかかってしまうわ。それだけは避けなくてはいけない。理紗は燃え盛る怒りの炎を強引に抑えつけて、喜四郎の言葉に同意した。ええ、そうです。わたしが驚いて声を上げてしまって。なんでもありませ理紗の言葉を聞いて、乗客たちはもとの座席や立ち位置にもどった。つっかえているペニスが苦しい

 

最後の一滴までも膣奥へとそそぎこんだことを確認してからる

喜四郎が、理紗の耳に横に広い口を近づけて、小声でささやいた。から見れば、二人は親密な関係に見えるだろう。理紗先生なら、そう言ってくれると思っていたな。理紗も声を潜め、しかしけわしい語気で返した。学園の生徒を、痴漢の教え子にしたくなかっただけよ。どうして、こんなことをするの。まあまあ。それについては、人目のある電車や駅の中では話し合えない。
乳首に使われたものよりも細い感じがしたし
真菜のクチから下着がズルズルと引きずり出された
次の駅で降りて、外へ出ようじゃないか理紗はただうなずいた。頭の中では、生徒を守りながら喜四郎を糾弾す。る方法を懸命にめぐらせて、痴漢教師の腕を逃がさないように強く握りつづける。対する喜四郎のほうは、涼しい顔を理紗に向け、うに左手に持った紙バッグをぶらぶらと揺らした。楽しいことでもあるよ次の駅に停車すると、理紗は率先してホームへ降りた。

 

アソコに侵入するとクニクニと蠢いて

ホームには。森野口。と記したプレートがいくつもある。通学の途中で毎日通りすぎてはいるが、一度も降りたことのない森野口駅の改札を、速足で通り抜ける。目の前に、口で言える特徴のない駅前広場と商店街が広がった。理紗は、樫山学園の名が他人に聞かれないように、もっと人目のつかない場所を探して、問いつめるつもりだった。しかし沸きあがる怒りの衝動に抗しきれず、広場の隅へと喜四郎を引っぱっていき、小さく絞った声をぶつけた。

巨乳を一閃すると同時に

本当なら、柳沢先生を警察に突き出すところだわ。でも、あなたに教わった生徒たちの気持ちと、樫山学園の名誉を守るために、あえて警察沙汰にはしない。そのかわり、今日かぎりで樫山学園を辞めて、二度と教職にっかないことを約束するのよ。猛犬すらしっぽを丸める迫力でにらみつけられて、喜四郎は幅の広い口の両端をニッと吊り上げた。顔がますます蛙に似てくる。すばらしいお言葉だな。